JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして 55歳の女性です。   3年前に半月板損傷と言われ両足5本ずつヒアルロン酸注射をしましたが 最近また全

解決済みの質問:

初めまして 55歳の女性です。  
3年前に半月板損傷と言われ両足5本ずつヒアルロン酸注射をしましたが 最近また全体にしびれが始まり膝も少しずつ病んできました。また 注射をしていただいたら良いのかなと悩んでおります。
生涯に何度くらいヒアルロン酸を注入してよいものなのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。


ヒアルロン酸はもともと関節液に含まれている潤滑成分で、ステロイドとは異なり関節腔内注射によって関節の構造物に悪影響を及ぼすことはありません。
よって、生涯何回でも注射することはできます。

ただ、これがあくまで対症療法に過ぎないことは銘記されるべきです。

半月板は血行が乏しい組織ですので、損傷を負うと自然治癒することはありません。
膝は荷重関節ですから、競技を続けられているのであれば半月板損傷は次第に、確実に悪化していきます。
ヒアルロン酸の注射は関節の摩擦を減らすことで痛みを減弱させるだけの薬液であって、半月板の損傷回復を促すような働きはありません。

少し補足情報を下さい。

①相談者様は、どれくらいの頻度、強度で、スポーツをなさっているのでしょうか? 競技は何ですか?

②主治医はスポーツ医の資格をもつ整形外科医でしょうか。半月板損傷に関してはどのような治療方針を示されていますか?

③いま現在、座って安静にしていても膝の痛みはあるでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

① 以前は子供の時からテニスをしておりましたが、現在は月2回位でゴルフ  をしています。


  仕事は自営業(旅館)で歩くことが多く、春から秋までは庭の手入れで草む  しりが多いです。(前回の治療で草むしりは良くないと言われていますが)


② 痛くなったらまた来るように言われました。


③ まだそれ程ではありませんが、走るとプラスチックの音がしたり横になると  痛くなったり、不意に病んだりしてきました。今はしびれが多く出るようにな  りました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

②’主治医はスポーツ医の資格をもつ整形外科医でしょうか。手術を勧められたことはありませんか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

② スポーツ医の資格をもつかわかりません。


  手術は勧められておりません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前述しましたように、半月板損傷では自然治癒はありません。
近年は関節鏡手術が発達し、1泊2日程度で退院できること、また長期的予後(半月板損傷がある方は、将来的に変形性関節症を呈する可能性が高いと言われています)を鑑みて、早期の手術が勧められるようになっています。

症状が比較的軽いときは保存的治療(安静と、ヒアルロン酸関節内注射)で経過観察とし、それで症状が改善することもありますが、半月板の断裂部が治癒したわけではないので、症状は悪化していきます。
つまり、「痛くなったらまた来るように」という治療方針ではジリ貧になっていくでしょう。
スポーツをされるということですから、治療選択肢として手術も念頭に置かれた方がよいだろうと私は思います。

スポーツ整形外科の専門医療機関を受診されてセカンドオピニオンを求められることをお勧めいたします。
日本整形外科学会のサイトから、学会認定のスポーツ整形専門医が検索可能です。

日本整形外科学会認定スポーツ医名簿
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問