JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

49歳の女性です。腰椎ヘルニアが原因の坐骨神経痛となり、7~8年になります。 ここ半年前くらい前から、日常生活に支

解決済みの質問:

49歳の女性です。腰椎ヘルニアが原因の坐骨神経痛となり、7~8年になります。
ここ半年前くらい前から、日常生活に支障がではじめました。
しびれとだるさから、夜も熟睡ができず足も思うように動かず、よく転ぶようになりました。
病院、接骨院どちらがよいでしょうか?
クリニックでは、子供の頃からの重度の側弯症が原因だろうといわれました。治療するよりも、マッサージでしのいでいく方がよいと言われました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

> 病院、接骨院どちらがよいでしょうか?
これは、何を求めているかによって変わってまいります。
どのような目的を達するために、病院と接骨院のどちらがよいかをお尋ねになられているのでしょうか?

> クリニックでは、子供の頃からの重度の側弯症が原因だろうといわれました。治療するよりも、マッサージでしのいでいく方がよいと言われました。
この「クリニック」は整形外科のクリニックですか? 脊椎の専門性が高い医師の診察を受けられたのでしょうか。マッサージでしのげると、相談者様自身思われますか? 「治療するよりも、マッサージでしのいでいく方がよい」というその「治療」とは何を指しているのでしょう?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
本日はもう休ませていただきますので回答は夜明け以降になります。よろしくご了承下さい。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
情報リクエストへのご返信を賜れますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

しびれとだるさが楽になり、熟睡でき、転びにくくなればよいです。


「クリニック」は、脳神経外科です。通院しています。


神経全般診ますとのことです。


脊椎の専門病院へは、行っていません。


マッサージでしのげるかは、正直半々です。


「治療とは」牽引、手術、リハビリのようです。


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の場合、運動障害(足も思うように動かず、よく転ぶ)が現れていますから、治療無しで改善が得られることはないと思います。
一般に運動障害は、感覚障害だけの場合よりも強い神経の圧迫が生じていることを示唆する所見だからです。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。
http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg

最も多い原因は腰椎のヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群です。
相談者様の場合は、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛ということになります。

「しびれとだるさが楽になり、熟睡でき、転びにくく」なることを目標とするならば、治療は不可欠でしょう(牽引治療は効かないと思います)。
手術も視野に入れられる必要があります。

脊椎・脊髄の専門医を受診されることをお勧め致します。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
http://www.jssr.gr.jp/list/index.php

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問