JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

すべり症との診断でAKA博田法を含む徒手療法、ストレッチ体操を含むリハビリと、痛み止めの薬で治療を受けています。痛み

解決済みの質問:

すべり症との診断でAKA博田法を含む徒手療法、ストレッチ体操を含むリハビリと、痛み止めの薬で治療を受けています。痛み止めは、現在、リリカカプセル100mlgを服用しています。最初は25mlからだったのですが、痛みが変わらないので100になりました。
我慢できる痛みなら、薬は飲まない方がいいのでしょうか?
すべり症は治らないと聞いています。そうすると今私が治療を受けていることは無駄な事をしているのか?と、とても疑問に思っています。現在は、痛くて堪らないということはありません。歩くとき、自転車に乗る時等の時に痛みます。特に右の股関節あたりに痛みがきます。
それと、運動はどうなのでしょうか?テニスをしていますが、これもどうなのでしょうか?
よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

①ずいぶんとたくさんお聞きになりたいことがあるようですが、主治医は、こういった内容を相談しにくい方なのでしょうか?

②なぜAKAなのでしょう? 手術も含めた一般的な、脊椎専門の整形外科を受診されるご意向は無いのでしょうか?

③すべり症が治らないというのはどこから得られた情報ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては、回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

友達が私と同じ所が痛かったが、AKAで治ったというので行きましたが、後で痛みの原因が違うと知りましたが、そのまま治療を続けている現状です。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
①と③についてもご返信いただけますか?

また、他の、学会認定の脊椎の専門医を受診されるご意向は無いのでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

①質問に看護婦さんから返答がありました。リハビリ時は先生の面会はありませんので、看護婦さんを通しての質問になってしまいます。
③最初の神経痛と言われた整形外科です。今の整形外科では、確認していません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

リリカは服用された方がよいでしょう。すべり症の痛みは神経圧迫による痛みですが、こうした痛みは我慢して持続すると「慢性疼痛」といって、原因が除去されても持続する痛みに変化してしまうからです。
相談者様のリリカの服用量は不十分です。最低1日300mgが必要なお薬ですから、現在の量で効かないのは当然です。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1190017.html

すべり症は、手術も含めて治療法はある疾患です。
ただし、現在の治療を続けていても良くならないのであれば、現在の治療を受けられている意味はないでしょう。

スポーツの可否については、実際に診察や検査が行えないインターネット相談では相談者様の病状がわかりかねますから軽々にはお答えしかねます。

そもそも、AKA傳田法は一部に「信者」がいるだけの胡散臭い治療法です。
しかも、今回ここでされているようなご質問を主治医に尋ねることもできず、インターネットで投稿されている時点で、相談者様は非常に貧困な医療環境で、ぞんざいな扱いを受けられていると言わざるを得ないでしょう。

まともな、脊椎の専門医を受診されることをお勧め致します。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問