JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14366
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨秋より、毎日起床後、また30分余り椅子、車で座った後立ち上がった時、太ももの後ろ側に酷い痺れがあり、しばらく痛みの

質問者の質問

昨秋より、毎日起床後、また30分余り椅子、車で座った後立ち上がった時、太ももの後ろ側に酷い痺れがあり、しばらく痛みのため歩行が難しい時もある。特に身体を伸ばした時に痛みを感じる。ただ前屈、開脚動作を繰り返し20分程度歩くと徐々に回復し痺れが無くなる。その為ハイキング、スキー、ゴルフ等、痺れが無くなると支障なく従来通り出来るので、家に籠っているより外で積極的に活動している方が多い。近隣の外科医院(MRI)、大学病院整形外科で診察を受けたが動いて治るのであれば病気でないと云われたが、一向に痺れが治らないので、又痺れのメカニズムも説明が無いため、不安が大きくお尋ねする者です。1933年生まれの運動好きの男性です。尚医院から痛み止め、血流促進促進剤を処方されて6カ月間服用していたが一向に改善されないので服用を中止した。症状は変化なしです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

ご記載を拝読する限りは、典型的な坐骨神経痛の症状を呈されているように思われます。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。
http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg

最も多い原因は腰椎のヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群です。

ただし、実際に診察や検査が行えないインターネット相談では、診断について確定的なことは申し上げられません。

今回、このご相談でご質問になりたいことを具体的に教えていただけますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては、回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

治療法があるのか否か。高齢ですが運動好きで、冬はスキー、グリーンシーズンはゴルフとハイキングを楽しんでいます。何時まで楽しめるか判りませんが取り敢えず身体を動かせば痺れが治るので、体力の続く限り、積極的に運動をした方が良いのか否か。痺れは血流障害で起こるのではと何となく理解出来ますが、寝ている間、座っている間は感じないで立ち上がってしばらくすると痺れを感じるのは何故かわからない。身体を動かせば楽になると分かっていても逆にすぐ座りたくなるが、我慢をして身体を動かした方が良いか、否か。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

坐骨神経痛だとすれば痺れは血流障害ではなく神経の圧迫で起こります。
背中を反らすことで痺れが増強するのは腰椎に問題があって起こる坐骨神経痛の典型的な特徴のひとつです(体を屈めると症状が悪化する方もいます)。
http://allabout.co.jp/gm/gc/301997/

受診された整形外科医は、以下のリストに名前が載っている脊椎の専門医だったでしょうか?

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
上記脊椎の専門医を受診されることをお勧めいたします。

整形外科 についての関連する質問