JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

胸椎黄色靭帯骨化症で御相談致します。2012年に骨化した部分の手術を受け現在に至っていますが、未だ下半身の痺れ麻痺が

解決済みの質問:

胸椎黄色靭帯骨化症で御相談致します。2012年に骨化した部分の手術を受け現在に至っていますが、未だ下半身の痺れ麻痺が全然改善されず、その間MRIの検査を2回ほど受けていますが、今回の検査で手術したやや上の部分の断面に白く見える部分があるとゆう説明で髄液がとどこおってる可能性があるとの説明で8月に又MRIで検査して治療法を相談しましょうとの事で帰宅しましたが、現実的に治療法があるのでしょうか?たとえば髄液を抜くとか?宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①2012年の手術はどのようなものだったのでしょうか?

②「現実的に治療法があるのでしょうか?」というご質問は、「髄液がとどこおってる」ことに対する治療法についてのご質問だと思います。「何か外に改善薬が有れば御指導下さい」は、「未だ下半身の痺れ麻痺が全然改善され」ないことへの改善策がないか、というご質問でしょう。今回のご相談では、この2つのご質問をされていると理解してよろしいですか?

③「8月に又MRIで検査して治療法を相談」という主治医の方針にご不安があるのでしょうか? 主治医は脊椎専門の整形外科医ですか?

④「下半身の痺れ麻痺」はいつ頃から現れていたのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①2012年の手術は胸椎の骨化した部分は取り除き手術自体は成功したと説明を受けています。②ご指摘の通りです  髄液がとどこうる 過程が理解出来ません とどこうると 体にどうゆう症状が出るのですか?又それに対する治療法が有るのですか?又上記の痺れ・麻痺に対する改善策 薬も含む③8月まで現在の体調が大変辛い現状です。主治医は現在地では専門医です。この病気の患者が少ないので、説明不足は仕方無いと思いますので、ご相談させて頂きました。④下半身の痺れ・麻痺は手術後も改善されず、ここ2ヶ月ぐらい前からが特に症状が最悪です。   素人で失礼な質問で申し訳御座いませんが、助けて下さい。宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

①2012年の手術は胸椎の骨化した部分は取り除き手術自体は成功したと説明を受けています。②ご指摘の通りです  髄液がとどこうる 過程が理解出来ません とどこうると 体にどうゆう症状が出るのですか?又それに対する治療法が有るのですか?又上記の痺れ・麻痺に対する改善策 薬も含む③8月まで現在の体調が大変辛い現状です。主治医は現在地では専門医です。この病気の患者が少ないので、説明不足は仕方無いと思いますので、ご相談させて頂きました。④下半身の痺れ・麻痺は手術後も改善されず、ここ2ヶ月ぐらい前からが特に症状が最悪です。   素人で失礼な質問で申し訳御座いませんが、助けて下さい。宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

④の意図は、いつ頃から「下半身の痺れ・麻痺」が現れ、その結果として2012年に手術を受けられたのでしょうか、という意味でした。つまり2012年以前の発症時期を教えていただきたかったのです。
いかがでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

失礼致しました④約2010年頃から多少症状がでていましたが、腰だと思い本格的な検査は受けていませんでした。腰の症状が悪化した為 腰のMRIを受けて、胸椎の骨化症が見つかった流れです。2012年に歩行が困難になり手術をして現在に至っています。手術後は現在の状態よりか多少楽でした。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

それでは2つのご質問にお答え致します。

> 現実的に治療法があるのでしょうか?
黄色靭帯骨化症の術後合併症として「髄液がとどこお」ることは無いと思います。黄色靭帯骨化症は脊椎をつなぐ黄色靭帯が太くなり、骨化して脊髄を圧迫するようになる疾患です。この場合、脊髄周囲を流れる髄液の流れは悪くなりますから、相談者様の主治医が仰っているのは、黄色靭帯骨化症が再発している可能性があるということだと推察します。
よって、「8月に又MRIで検査して治療法を相談しましょう」という提案は、「8月に再手術を検討しましょう」という意味だと考えます。
つまり、「現実的に治療法」は存在し、それは黄色靭帯骨化症の再手術ということになります。

> 「未だ下半身の痺れ麻痺が全然改善され」ない
これは驚くべき結果ではありません。
黄色靭帯骨化症の手術の目的は症状の改善ではなく、進行を止めることだからです。
「第一の目的は、現在の症状の進行をくい止めることです。(中略)第二の目的は、 今あなたが困っておられる症状を少しでも軽くすることです。この目的が第一の目的よりも重要なことですが、残念ながらこの「症状の軽快」という目的がどの 程度達成出来るのか否かにつきましては、術前には正確には予測できません」
http://square.umin.ac.jp/jsss-hp/patient/vertebrae.html#hernia7 より引用。

骨化した黄色靭帯によって圧迫され続ける神経には、時間経過とともに不可逆的な変化が起こり続けます。不可逆とは、元に戻らないという意味です。
このため、発症後数年を経て手術をしてもその症状は不可逆であることが少なくないのです。
相談者様が困られている下肢の痺れは神経痛ですから、一般的な鎮痛剤は効きません。相談者様の服用されているリリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチコバール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法やブロック注射といった対症療法が行われます。

より積極的な除痛療法を受けられない場合は、主治医に相談されてペインクリニックを紹介してもらい、受診されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.



質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧な回答有難う御座います 素人にもかなり理解出来ました。追 質問ですが、本日 主治医が云われた事を質問に書き忘れていましたので、ご回答下さい。最悪 液を抜く事もありえる 危険な治療ですがと云われましたが、どう解釈すれば良いのでしょうか?宜しくお願い致します。それに 手術した部位は何の問題も無いとも云われました事 付け加えて返答させて頂きます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
MRI画像を拝見しているわけではりませんので確たることは申し上げかねますが、術後合併症として、もしくは偶発合併症として、脊髄空洞症にちかい病態を呈している可能性を考えます。
http://www.kameda.com/pr/spine/pdf/02.pdf

追伸:JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです。
そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html

この点につき、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。

既に当初のご質問に対しては過不足の無い回答をしたつもりです。
これに対し、ご評価を賜れますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難う御座いました。説明不足の素人が画像も提出せず、御指導を頂くのは少し無理が有るのかかな?

整形外科 についての関連する質問