JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

長野市47歳の主婦Kです。 不安でメールしました。 ここ数ヶ月左手にしびれがあります。初めは小指と薬指がしびれ、

解決済みの質問:

長野市47歳の主婦Kです。
不安でメールしました。
ここ数ヶ月左手にしびれがあります。初めは小指と薬指がしびれ、明け方しびれが強くなります。
起きると時期によくなり、日常はあまりしびれません。ここ何週間は、しびれが強く、明け方だけでなく、昼間も軽くしびれている状況です。また、明け方痛くて目を覚ますことも多々あり、全体にしびれるようになりました。
また、方杖したり、ひじを突いたりしているとしびれ、やめると軽くなります。
脊椎のレントゲンでは一箇所少し狭いところがあるが、その影響は少ないように思うと、一応診断は受けています。ただ、脳に問題がったらと心配もしています。
よきアドバイスお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

脳に問題があった場合、姿勢によって症状が良くなったり悪くなったりすることはありませんので、脳ではなく、末梢神経の問題だと考えます。

受診された整形外科では肘部管症候群を念頭においた診察(肘から先の診察)は行われましたか?
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。脳ではないと聞き少し安心しました、


 


手のひらに電流装置をつけ、ひじに電気を流し反応を見るといった検査はしました。左右の差は差ほどなくまだ軽いほうと言われました。


痺れがどうしてなるのか、病名も治療法も(ビタミン剤)のむは言われましたが、どうしようもないように言われてしまいました。


 


尺骨神経は小指側ですが、親指のほうのしびれも出できているのは、同なんでしょうか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

①「手のひらに電流装置をつけ、ひじに電気を流し反応を見るといった検査はしました。左右の差は差ほどなくまだ軽いほうと言われました」ということは、受診された整形外科では肘部管症候群だと診断されているということなのではないですか?

②「親指のほうのしびれも出できているのは、同なんでしょうか?」とのことですが、最初のご質問分には親指がしびれているとは記載が無かったと思います。親指も痺れているのですか? そのしびれ具合は小指や薬指と同じくらいの強さでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

1.診断名は全く言われていません。ただ、親指側と小指側では通っている神経が違うので、全部がしびれるのはしゅ根幹と尺骨神経の両方に異常があるかもとは言われています。

親指のほうの痺れはここ数日明け方の痛みが強いときに、全体がしびれています

痺れの度合いは、小指のほうが強く、親指のほうはときどきで軽い痺れです

でも、数ヶ月前はなかったのですが、最近しびれはじめました。

 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

手根管症候群で圧迫を受けるのは正中神経という神経で、親指、人差し指、中指の痺れが現れます(必ずしも3本同時には現れませんが)。
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html

たしかに、尺骨神経麻痺の圧迫で起こる肘部管症候群と、手根管症候群の両方を起こされている可能性はあるかもしれません。

手外科の専門医を受診されてみてはと思います。

手は、非常に繊細は構造と機能を有しているために、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
下記のサイトから、日本手の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本手の外科学会 専門医一覧】
http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答いただきありがとうございました。


もし、両方の神経に検査で異常があると診断された場合、早めに手術したほうがいいのでしょうか?


また両方手術するとなると、治療にどのくらいの時間と日常復帰のめどはどのくらいかかるのかだいたいわかりますか?


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

もうひとつ聞きたいのですが、しゅ根幹症候群と肘部管症候群、両方一緒になることはあるのですか?


ほかが原因でしびれることはないのでしょうか?


 

整形外科 についての関連する質問