JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

25歳の男です。潰瘍性大腸炎を8年前に発症し、先日強直性脊椎炎と診断されました。強直性脊椎炎は、もちろん程度によると

解決済みの質問:

25歳の男です。潰瘍性大腸炎を8年前に発症し、先日強直性脊椎炎と診断されました。強直性脊椎炎は、もちろん程度によると思いますが、障害者手帳など対象になるのでしょうか?将来的な症状、最悪のケースなども知りたいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機
能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま
す】


こんばんは。猫山と申します。

強直性脊椎炎は、「肢体不自由」をひき起こす疾患として障害者手帳の交付対象になります。
「(4) 体幹不自由は、高度の体幹麻痺をきたす症状に起因する運動機能障害の区分として設けられているものであって、その原因疾患の主なものは脊髄性小児麻痺、強直性脊椎炎、脊髄損傷等である」(http://www.pref.nagano.lg.jp/rehabili/kose/techo/yoryo.html
より引用)。

障害年金の対象にも当然なっています。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~asweb/tomonokai/rakuchin/etc/administrative_system_of_social_welfare.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

予 後・経過については、「 数年以上かけ
て徐々に脊椎の強直が起こり、背骨の動きが制限されます。それに伴って前に屈んだり、背中をひねったり傾けたりするのが困難になってきます。ただし病気の
進行の程度には個人差があり、強直してないか、しても一部のみの軽症型から、全部の脊椎が強直する重症型まで様々です」(http://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/rm120/kouza/kyochoku.html#q10
より引用)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問