JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お忙しい中恐れ入ります。 85歳の母ですが2,3日前に転んで右足の間接の下(弁慶の泣き所の上で間接の下になります)の

解決済みの質問:

お忙しい中恐れ入ります。 85歳の母ですが2,3日前に転んで右足の間接の下(弁慶の泣き所の上で間接の下になります)の部分が骨折しているといわれました。 レントゲンではわからない骨折とのことで、念のためMRIを撮りますと言われ、MRIでは骨折があると指摘(白く線が入っているところが骨折部分と言われました)され画像も見せていただきました。 スマートフォンで写してよいですよと言われて写真も撮らせていただきました。  しかし母を見ていますと痛みもなく動きも普通です。 処置としては約一ヶ月余りギブス固定しますといわれておりますが、高齢のため固定をしてしまうと動けなくなってしまうようにも思われます。 足首と股関節は固定しないので大丈夫ですと言われましたが 骨折に納得できないでおります。 その処置は正しい処置なのでしょうか? 別の整形外科の先生を受診しようか迷っております。 診ていただいた先生の専門は麻酔科の開業医の先生です。 どうかよろしくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、骨折の有無の判断はできませんが、実際に骨折があったのであれば固定の処置は正しいと考えます。
レントゲンでは骨折線が判別できず、MRIで初めて骨折が確認できる場合は少なくありません。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/13zeijakuashi.html

「骨折に納得できない」ということであれば足外科の専門医を受診されてセカンドオピニオンを仰がれるべきでしょう。

足は骨の数も多く、神経や筋も入り組んでいるので、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
下記のサイトから、日本足の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本足の外科学会認定 専門医一覧】
http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生のお話では骨は今のところずれていませんとのことですが、足に痛みも動きもなく普通です。 骨折していれば痛みが出てくるではないかと思われますが、そういう場合(痛みがない)もあるのでしょうか? 短い時間にお答えいただきまして感激しております。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
プラス評価ありがとうございます。

お母様のご年齢の女性の骨折は、骨粗鬆症傾向のために骨密度が低いためか、痛みを強く訴えられない場合が少なくありません。大腿骨頭骨折をしているのに歩いて受診される方がおられるほどです。

ですので、「痛みが無い(弱い)から骨折ではない」とはお考えにならない方がよろしいかと存じます。

整形外科 についての関連する質問