JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

肘の関節ねずみが肩にまわっつてきて首から肩にかけ、とても痛くて腕が上がらない様な有様です 欠けた骨が血管に入り

解決済みの質問:

肘の関節ねずみが肩にまわっつてきて首から肩にかけ、とても痛くて腕が上がらない様な有様です

欠けた骨が血管に入りこんで、大事になるようなことは心配ないでしょうか                                                                               手術はどこですればいいでしょうか、教えて下さい   よろしくお願いいたします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

関節ねずみが血管に入り込んで梗塞を起こすことはありませんので、そのご心配は不要です。

しかし関節ねずみ=遊離軟骨を摘出する必要はあるでしょう。
内視鏡による摘出手術の必要があります。

以下のサイトから、日本整形外科スポーツ医学会認定のスポーツ医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

日本整形外科スポーツ医学会認定スポーツ医名簿】
http://www.jossm.or.jp/meibo/index.html(体のどの部位が専門なのかも表示されます)

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

 スポーツ医と整形医とでは、どの程度違いがあるのでしょうか・・・ 今後の掛かり方の参考にしたいです。    あと、欠けた骨が動き回るのになぜ、血管に入り込まないと言えるのか素人には分からないのです   血管も傷つけることはないのですか?    痛みがおさまれば放置しておいてもよろしいでしょうか?   よろしくお願い致します                               スポーツ医リスト大変参考になります   有難うございました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
関節ネズミは通常はスポーツ傷害として起こるのでスポーツ医の方がその扱いに習熟しています。

また、関節ネズミは一般的な血管に比して大きく、また辺縁が尖っていないので、血管を傷つけることはありません。

自然吸収されることはありませんので、摘出はされた方がよろしいかと存じます。
血管に入り込むことはありませんが、予期せぬタイミングで関節痛や関節の可動制限を引き起こすことがあります。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問