JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母が圧迫骨折で手術しました。金具をいれているのですが、MRSAにかかり傷口がきれいにならず 2回傷口の手術もしまし

解決済みの質問:

母が圧迫骨折で手術しました。金具をいれているのですが、MRSAにかかり傷口がきれいにならず
2回傷口の手術もしましたが あと2週間様子をみて最悪は金具を取り出したいと主治医に言われました。貧血、心不全もあったのですが今は改善されています。完全に寝たきりになり希望をこめて治療
している母、家族は今どうゆう状況なのか理解できないことがおきています。母は歩けるようになるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①一般的に圧迫骨折は保存的(非手術的)に治療されます。「母は歩けるようになるのでしょうか」というご質問と考え合わせると、お母様の場合は椎体の圧潰が高度で、神経圧迫症状が強く、そのために手術を行うことになったのでしょうか?

②「母は歩けるようになるのでしょうか」というご質問をお母様の主治医にはなさいましたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①そのとうりです。②体の状態が良くなれば歩けると言われています。


が体の状態が悪くてリハビリが進まない感じです。


金具をもしとりはずしたら どうなるのでしょうか?昨日背部創しかい、ドレナー


チューブ?装着?(字が確認しずらくて)の処置をおこないました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「母は歩けるようになるのでしょうか」とのご質問に端的にお答えするならば、「理論上は可能だが、現実的にはかなり難しいでしょう」という回答にならざるをえません。

「体の状態が良くなれば歩ける」という主治医の見解はその通りです。
しかしMRSA感染を起こし、一時は「貧血、心不全もあった」とのことであり、かつ現在の感染が続いていて寝たきりなのであれば、早期に身体の状態が良くなる可能性は残念ながら低いと考えざるをえないでしょう。

また、MRSAの感染巣(フォーカス)と見られる、脊椎に挿入した金具を外す手術は、MRSA感染の治療としては有用ですが、手術ですので、麻酔リスクやその後の安静も含めて、お母様の身体に大きな負担をかけて、さらに寝たきりを進行させる方向に働くと予想されます。

MRSA感染症が治ったとしても、もともと椎体の圧潰が強くて歩けなくなったために金具を入れたわけですから、歩けるようになるためには、さらにまた金具を挿れる再手術が必要となります。
しかしその手術が成功したとしても、そこに至るまでの長期の寝たきり状態によって、お母様の体幹・下肢の筋肉の萎縮は既にかなり進んでしまっているでしょうから、リハビリテーションに耐えられないのではないかと推察いたします。

こういったリスクを念頭に、主治医と今後のことについて相談を繰り返されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

MRSAの治癒は時間がかかるのですか?金具をとらない状態で感染の治療はできないのでしょうか?主治医はまだ2カ月くらいの点滴は必要と言っていました。私はできれば 金具をとらないままでいきたいと思いますが、どうしても医師の言われるままになつてしまいます。MRSAは院内感染とも聞きますが、そこがなになのか?今後がどうなるのか想像もつかないので何を相談したらよいのでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
抗生物質の点滴を行っているのだと推察しますが、MRSAとはその抗生物質が効きづらい細菌ですので治療には時間がかかります。
ご高齢の患者様であれば、ご自身の免疫力も低下しているので尚更です。
感染経路は分かりかねます。

金具は異物ですので、細菌が取りつきやすく、血管が通っていないために抗生物質や免疫細胞も届きません。
よって細菌繁殖の温床となってしまうためにこういった場合は通常、その遺物――この場合、脊椎に入れた金具は除去することになります。

医師、そして相談員(ケースワーカー)には、感染経路、回復見込み、回復までの時期、このまま歩けなくなって場合の介護保険の手続き等も視野に入れた、現実的な対応について相談されるべきであると考えます。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問