JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

50歳女性。1週間前から左上腕部に強い重たい痛みがあります。ひどい時にはアームウエイトをまきつけると多少楽になります

解決済みの質問:

50歳女性。1週間前から左上腕部に強い重たい痛みがあります。ひどい時にはアームウエイトをまきつけると多少楽になります。腕を上にあげることはできるのでいわゆる四十肩とは違うのでしょうか。整形外科を受診すべきかどうか迷っています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

痛むのは「左上腕部」とのことですから、肩の問題ではないように思われます。

少し補足情報を下さい。

①痛みがある部分をもう少し詳しく教えていただけますか? 上腕二頭筋(力こぶの筋肉です)側でしょうか? その裏側ですか? 肩寄りでしょうか。肘よりでしょうか。

②頚部の痛みや凝りはありませんか? 首を回したり前後に倒すことで上腕の痛みが良くなったり悪くなったりすることはないでしょうか。

③痛みがある部分に腫れや変色は無いと理解してよろしいですね?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生、早々に返信ありがとうございます。


 


①腕を正面から見た場合、後ろ側の部分にあたります。力瘤のできる部分の裏というか外側面から裏にかけての部位です。ちょうど、右手で左腕を自然に摑んだ時に指先があたる当たりです。肩よりでも肘よりでもありません。いわゆる”二の腕”の後ろです。



痛みには陣痛のように波があり、ものすごく強く痛む時間が数十分続いたあとで、ふと痛みがやわらぎ、また強い痛みがやってくるといった感じです。なんとなくですが、歩いたり立ち仕事をしていると強い痛みがやってくることが多いように感じます。



②頸部に痛みはありませんが、凝りはあります。腕の痛みの強い時には、首がうまくまわせないというか、首を回そうとすると痛みを感じます。首を動かすことによる腕の痛みへの影響はないように感じますが、腕をかばって妙な姿勢をとっているので、首や肩がこっているような自覚はあります。普段はほとんど肩こりなどの悩みはありません。



③腫れや変色等外見上の変化は特にありません。



よろしくお願い申し上げます。


 



専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

痛む範囲は、下図で「C5」と書かれた部位に含まれるでしょうか?
http://www.h5.dion.ne.jp/~ababa-55/fg0932.gif
↑↑↑クリックしていただくと画像が開きます↑↑↑
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生


 


はい、まさにC5の部位です。C5の真ん中です。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そういうことであれば、頚椎に何らかのトラブルが起きている可能性が高いと思われます。
歩いたり立ち仕事をしていると強い痛みがやってくることが多い」(=頚椎に垂直方向に圧力がかかると痛みが強くなる)ことはその傍証です。
この場合、痛みがあるその部位に原因があるわけではありませんので「市販のシップ薬やスプレー剤」を使用する必要はありませんし、使用しても効果は得られないでしょう。

詳細な診察をしてみなければ正確にはトラブルが起きている箇所は特定できませんが、痛みが生じている場所から逆引きしますと、第4、第5頚椎周辺のトラブルが考えられます(「C5」は、頸髄から、第4、第5頚椎の間を通って上肢に伸びる第5頸髄神経のことです)。

【病気の説明|頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症・頚椎後縦靭帯骨化症・頚部脊柱管狭窄症】
http://kubi-shibire.com/exp/exp.html

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問