JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

【手術するべきか悩んでいます。】47才ダンスインストラクター です。2か月前から、膝の後ろが痛くなり、膝の専門医に見

解決済みの質問:

【手術するべきか悩んでいます。】47才ダンスインストラクター です。2か月前から、膝の後ろが痛くなり、膝の専門医に見て頂き、半月板の後ろが損傷と診断されました。普段の生活、正座は出来ますが、走ったり、ジャンプスキップが出来なかったので、来週手術を決めました。主治医も、緊急を要するレベルではないため、手術の判断が難しく、運動を続けて行くために自分の状態を知る意味で精密検査としましょうと言われ、自らおねがいしました。

すると、2日前から全く痛くなくなり、軽く走っても全然大丈夫となり、自分でもビックリしています。特に治療はしていないのですが、筋トレ、ストレッチはしています。
主治医には痛みがなくなったとはまだ伝えておりませんが、今後運動を続けていくとまたひどくなる可能性もありますよね。一時的な痛みの治まりでしょうか?あまりひどくないうちに、カメラを入れて見といた方がいいでしょうか?
MRIで見た所では、縫合ではなく、切除とのことでした。
ようやく踏ん切りをつけたのに、また悩んでおります。
今後もう少し動きたいと思っています。
よきアドバイスをお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

説明は受けられているかと思いますが、半月板は損傷を被っても自然治癒することはない組織です。

急性期の炎症がとれた時点で痛みは無くなりますので、一般の方々ではそのまま保存的に(=手術をせずに)経過観察することも少なくありません。

しかしながら、スポーツ選手など膝を酷使する方では手術が推奨されます。
そのまま競技を続けていると半月板の損傷部分が千切れて膝関節に嵌まりこみ、膝関節の動きが制限される「ロッキング」という現象のもととなるからです。

相談者様の場合も、中長期的な視点からは手術を受けられるべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山様


 


早々のご解答ありがとうございます。


気持ちが楽になりました。


 


受けてまたバンバンおもいっきり動きたいと思います。


ありがとうございました。


 

整形外科 についての関連する質問