JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

変形性股関節症を悪化させないために使う腰ベルトは役に立つのでしょうか? 手術はできるだけ避けたいと思っています。日

解決済みの質問:

変形性股関節症を悪化させないために使う腰ベルトは役に立つのでしょうか?
手術はできるだけ避けたいと思っています。日常生活で取り入れる運動としてやって
良いこととやってはいけないことについて教えてください。どの段階で手術をしたらよいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。

変形性股関節症は、加齢に伴う股関節の摩耗です。
股関節は荷重関節(体重がかかる関節)ですから、日常生活の中でも病状は進行していきます。
つまり、基本的には、立って生活しているだけで、症状は進行します。

運動療法の意義は、股関節の周囲の筋肉を鍛えて股関節を安定させて、股関節の摩擦をできるだけ減らすことにあります。しかしその運動療法自体が股関節に負担をかけるという側面もあるため、できるだけ股関節に荷重がかからないように水中歩行などが推奨されます。
運動せずに股関節を安定されるという意味で骨盤ベルトやサラシの使用が勧められることがありますが、医学的な評価は定まっていません。

手術は、進行期から末期に達すると適応となります。
http://kansetsu-life.com/hip/2_03.html

一般的には、レントゲン検査において関節裂隙(骨盤と大腿骨頭のあいだの隙間)が1~2mm以下になると手術の適応と考えられます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


同じ側の足の親指が外反母趾なのですが、足首や腰が痛いのも股関節のせいでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
一概には申し上げられませんが、どうしても股関節を庇ってしまうため、全身の動きに歪み、偏りが生じ、他の関節に負担がかかって、腰痛や膝痛、足首痛を呈する患者様が少なくありません。

その意味では、手術を先延ばしにすることで、他の関節の変形症が起こる危険性はあります。

整形外科 についての関連する質問