JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

都区内(下町)在住、74歳、一人暮らし、女、3年前から足裏から始まったしびれがお尻、腰へと広がり数か月前から痛みも出

質問者の質問

都区内(下町)在住、74歳、一人暮らし、女、3年前から足裏から始まったしびれがお尻、腰へと広がり数か月前から痛みも出て、毎日辛い思いです。
また、上半身が反り返る側弯症との整形外科医の診断も加わって、歩くと後ろに倒れそうで、どうしても歩く時は杖が必要です。外出も必要最低限の近所の買物しかできません。要介護1です。
前者は仙骨嚢胞と医師から言われ、良い治療法はない。後者も手術の方法もあるが、まだ、その時期ではないと。
細々ながら、茶道、華道の長年の仕事も趣味として続けたいので何とか治し、あるいは軽快したらと願い、治療法、専門医(病院)など教えていただければ幸いです。
なお、心療内科の診察と薬も気持ちの安定にと通いましたが、現在はとん挫しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では治療方法まではお示しすることができません。これはご理解ください。

ご記載を拝読する限りは、相談者様が受診されるべきは脊椎・脊髄の専門医かと存じます。

これまでかかれてきた整形外科医は脊椎の専門医でしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


早速のご回答有難うございました。お尋ねの、回答ですが、脊椎の専門医です。


仙骨嚢胞の痛み、しびれが辛く痛み止めもあまり効果がありません。


専門医、病院など情報ありましたら教えてください。


仙骨嚢胞で検索してもいい情報にヒットしません。よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
追加でいただいた情報も含めて多面的に検討いたしましたが、貴意に添う回答の案出にはいたりませんでした。
お役に立てず申し訳なく思います。
オプトアウト(回答辞退)いたしますので、他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
回答できません」にがっかり。
担当外の先生だったのでしょうか。
専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

猫山医師に代わり、回答させていただければと思いますが、
ご質問者様の症状についてもう少し詳しく教えていただけると幸いです。

>3年前から足裏から始まったしびれがお尻、腰へと広がり数か月前から痛みも出て、、、
とのことですが、①しびれと痛みの場所をもう少し詳しく教えていただけますでしょうか?



「仙骨嚢胞」ですが、「仙骨神経根嚢腫」は同意義で、仙骨の脊柱管内の嚢腫(嚢胞)が有り神経を圧迫し、しびれや痛みなどの症状が出ます。仙骨には神経S1~S5まであります。仙骨嚢腫は、嚢腫が小さい時には神経症状が見られず大きくなってから発見される例が多いようです。MRI検査で発見できますが、圧迫している神経を特定するためには、脊髄造影での検査もお勧めいたします。

②脊髄造影のお検査はもうお済みでしょうか?


また、以下にお示しいたしますように、仙骨神経根嚢腫の症例報告が秋田大学グループによってされております。

「症候性仙骨神経根嚢腫の2手術例を報告し,若干の文献的考察を加えた.症例1は41歳の女性で,3カ月にわたる両側S2領域の電撃痛をきたしており,MRIで両側S2レベルに仙骨神経根嚢腫が認められた.手術はL5-S4椎弓切除後に嚢腫壁を一部切除して縫縮した.症例2は38歳の女性で,4カ月にわたる左S2領域の疼痛,重苦感と頻尿をきたしており,MRIで左S2レベルに仙骨神経根嚢腫が認められた.手術は左S2椎弓半切除後に嚢腫壁の電気刺激によるモニタリングを併用しつつ,嚢腫壁を電気焼灼し退縮させた.両症例とも術後症状は改善したが,症例1では術後に髄液漏を併発し,再手術を行って瘻孔を閉鎖した.菲薄化した嚢腫壁を切除すると,術後髄液漏を併発する危険性があり,誘発筋電図のモニタリング下に嚢腫壁を電気焼灼し退縮させる方法が,安全かつ簡便であると考えられた.また手術にあたっては,罹患神経根周囲の椎弓半切除で十分と考えられた.」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003813671


③現在の主治医は脊椎脊髄の専門医ということですが、セカンドオピニオンについてはお考えでしょうか?


④側彎症の程度はどの程度だと説明を受けられたのでしょうか?

整形外科 についての関連する質問