JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ocean-skyに今すぐ質問する
ocean-sky
ocean-sky, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 178
経験:  日本体育協会公認スポーツドクター、救急医
75715664
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
ocean-skyがオンラインで質問受付中

今年66歳になります男です。自分の体についてご相談致します。平成21年3月に両下肢痺れで歩行困難になり整形で頸椎5~

解決済みの質問:

今年66歳になります男です。自分の体についてご相談致します。平成21年3月に両下肢痺れで歩行困難になり整形で頸椎5~7番のヘルニアとの診断を受け、6月に第5~7頸椎前方固定術の手術を受けましたが、現在両下肢(膝下)痺れとだるさ、両手の親指から中指までの痺れ、また両手の小指側の肘下の皮ふが痛風のように何もしなくても何か触ってもチリチリした痛みがあり長袖や時計も嵌められないような後遺症(?)に悩まされており、車の運転等はある程度出来ますが少しの散歩でも後で痙攣したりスリッパもうまく履け ないような生活を余儀なくしており働く事もできず将来に希望が持てないでいます。術後MRIで精研も受けましたが、中枢神経に傷がありそれでこのような後遺症が発現しているとの事で、その神経細胞が修復しない限り回復は望めないとの事でした。またリハビリ等も効果がないとの事で現在は何もしておりません現在の病名は①頸椎症性脊髄症②腰部脊柱管狭窄症との事です。私の腰は平成9年にすべり症でやはり手術を受けておりチタンボルトが埋められています。
ご相談したいのは、今注目されているips細胞での中枢神経の修復などが出来ないか或いは現在の症状を緩和することが出来ないかなどです。どこに相談したらいいのか分からずネットでこのコーナーを見つけましたのでご相談します。宜しくアドバイスください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

>今注目されているips細胞での中枢神経の修復などが出来ないか或いは現在の症状を緩和することが出来ないかなどです。
とのことですが、iPS細胞に関して、どちらかですでにご相談なさいましたか?

慶應義塾大学整形外科脊椎脊髄グループ、大阪大学、関西医大などが積極的に臨床試験を行っています。


>中枢神経に傷があり、、、
とのことですが、これはどう説明されたのでしょうか?
今後の方針については何か説明を受けましたか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご返答ありがとうございます。まずips細胞の神経細胞の研究をしている研究所の情報が欲しかったのでサーチしてみます。


MRIの検査結果については写真を見せて頂き説明も受けたのですが、理解できなかったです。セカンドオピニオンとしてたの病院にも行きましたが、結果は同じで頸椎の7番くらいのところに炎症があるらしく、白く映っていました。今後の方針も具体的なことは指示もなく今に至っております。特に両腕の痛みだけでも緩和されればと考え、漢方を試したり内科を受診してリリカやテテグレトールなどの薬を処方してもらい服用しましたが、改善されずあきらめております。


 

専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。

>頸椎の7番くらいのところに炎症があるらしく、白く映っていました。
とのことで すね。

iPS細胞の臨床応用に関しては、慢性脊髄損傷についてはじまっておりますが、
慶応義塾大学や、大阪大学のような脊髄脊椎グループでは臨床経験も豊富で一度ご相談なさってもよいかと思います。
iPS細胞の詳しい情報は以下をご参照ください。
http://www.jst.go.jp/ips-trend/patient/disease/sci/index.html


また、ペインクリニックで痛みのコントロールはなさいましたか?
麻酔科医が痛みに対し専門に対処しております。
全国のペインクリニックのリストをご紹介いたしますので、ご参照ください。
お近くの医療機関をお探しいただけるかと存じます。
http://pain.ne.jp/




ocean-skyをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問