JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

93歳の母 施設のベッドから落ちて以来 立てなくなりました。下半身に力が入らず、腰が抜けた状態。レントゲン等では異常

解決済みの質問:

93歳の母 施設のベッドから落ちて以来 立てなくなりました。下半身に力が入らず、腰が抜けた状態。レントゲン等では異常なし。それ以前はカートを押して歩いていました。骨粗しょう症の治療は受けていて、ボナロン点滴6ヶ月目。レントゲンでは背骨の状態は改善されている。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

この場合、まず考えられるのは脊椎の圧迫骨折か大腿骨頭の骨折ですが……

少し補足情報を下さい。

①「それ以前はカートを押して歩いていました」とのことですが、もともと歩行状態は良好ではなかったのでしょうか。その理由は何でしょう。

②転倒後、レントゲン検査ではどこを撮影したのですか?

③背中や股関節に痛みは訴えられていませんか?

④お母様に認知症はありますか?

⑤両脚ともに力が入らないと理解してよろしいでしょうか。

⑥受診された整形外科医は施設の提携医ですか? 他の医師を受診したり、MRI検査を受けることは可能でしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①以前から歩行はつかまらないと歩けないようになっていましたが、5月に脊椎の圧迫骨折をし腰の痛みから起き上がれなくなりました。骨粗しょう症の治療を受け、急速に回復し7月からカートを押して歩けるようになりました。しかしその後は少しずつ歩く力が衰えて歩く速度が遅くなっていました。
リハビリは受けていましたが、筋力の衰えが原因と思われます。


② 肋骨 骨盤 左足です。


③ 両乳房の下と背中が痛む。背中は起き上がったりするときに痛む。しかし圧迫骨折の時ほどではない。股関節は痛みはない。


④ 認知症あり。まだらに忘れる。妄想あり。


⑤ 両足。左のほうが悪い。


⑥ 以前にひざの人工関節や大たい骨骨折の手術をしていただいた先生    


がいます。骨粗しょう症を見てもらっている先生もいます。どなたも忙しい先生ですが可能だと思います。MRIは同病院で可能です。病院は施設と提携しています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

今回も、脊椎の圧迫骨折を起こし、そのために脊髄から下肢に伸びる神経が圧迫されている可能性が高いと考えられます。
早期の脊椎圧迫骨折に対してレントゲン検査はしばしば感度が悪く、診断のためにはMRI検査が必要になる場合が少なくありません。
http://shiroishikyouritsu.jp/publics/download/?file=/files/content_type/type019/12/201309021413532191.pdf

MRI検査が可能であるならば、MRIによる検査を行ってもらえるよう依頼することをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問