JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

傷病名:左環指中節骨骨折 手術・処置名:左環指PIP関節脱臼骨折          観血的整復内固定術 9月2

解決済みの質問:

傷病名:左環指中節骨骨折
手術・処置名:左環指PIP関節脱臼骨折
         観血的整復内固定術
9月20日骨折し、手術・入院。現在、退院後のリハビリ病院及び自分(装具使用・入浴時毎日)で行っています。
 骨折した指以外の小指・中指もむくみがあり、3本の指を常にほぐしていないと硬くなってしまいます。
 リハビリに要する期間はどの位かかるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

PIP関節の脱臼骨折は、観血的な整復後もしばしば関節の可動制限を残すことがある難しい外傷の一つです。
ただし、指の骨ですから、一般的にはリハビリテーション期間は3ヶ月未満です。

少し補足情報を下さい。

①執刀医は手外科の専門医ですか?

②執刀医(主治医)や理学療法士からは手術の成否やリハビリテーション期間、リハビリテーションによって達成される状態(完全に元の状態に戻るのかどうかということです)について、どのように説明を受けられているでしょうか。

③術後3ヶ月も経って「骨折した指以外の小指・中指もむくみがあり、3本の指を常にほぐしていないと硬くなってしま」うことの理由について、主治医からどのように説明を受けられているか教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


①整形外科ではありますが、手外科の専門医ではありません。


②手術は成功しています。リハビリ期間は状況が回復するまでといわれており、完全に元に戻るとはいわれていません。


③手術した薬指が元に戻っていないためと説明されています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、頭書のご質問に関しては、既に相談者様はリハビリテーションが終了し、状態が固定してもよい時期に既にあると考えます。

にも関わらず、他の指を含めた浮腫みや動きの悪さがあるのは、術中に手の循環不全を生じさせるような何らかのトラブルが起きていた可能性を窺わせます。薬指以外には手術操作は行っていませんから、「手術した薬指が元に戻っていないため」に小指と薬指に含みが出るという理屈は無理があるように思われます。

手外科の専門医からセカンドオピニオンを受けられるご意向はおありではありませんか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


セカンドオピニオンを受けるには、どうしたら宜しいでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

一般的なセカンドオピニオンの受け方は、現在の主治医にその意図を告げ、検査所見のコピーと紹介状を作成してもらって専門医のもとを受診する形をとります。
http://www.2-opinion.net/html/2ndop.htm

相談者様の場合も、術前・術後の画像や、手術経過がわかった方が有意義なセカンドオピニオンを受けることができますので、この方法をとられたほうがよいでしょう。

セカンドオピニオンは手外科の専門医から受けられるべきです。
手は、非常に繊細は構造と機能を有しているために、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
下記のサイトから、日本手の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高いセカンドオピニオンを受けられる可能性が高いと考えます。

1) 現状の評価
2) 現在のリハビリテーションを継続することで改善が見込めるかどうか
3) 現在の治療(リハビリテーション)での改善可能性が無い場合、専門医のもとで治療を受けることで改善の余地があるか

といった点について専門医にお尋ねになるのがよいでしょう(http://www.2og.jp/qa.html#qa1)。

【日本手の外科学会 専門医一覧】
http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問