JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

両足の指にしびれ感があり、又両足の甲を押すと激痛で泣きたくなります。 歩くことにはまったく痛みもなく支障ありません

解決済みの質問:

両足の指にしびれ感があり、又両足の甲を押すと激痛で泣きたくなります。
歩くことにはまったく痛みもなく支障ありません。
椅子に座ったり、ベッドに寝た時はしびれを感じます。
この症状が起きてから、4ヶ月になり、少しづつ悪くなって心配になってきました。
病院の何科を受診したらよいか教えてください。お願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①ご記載の症状は4ヶ月前にとつぜん始まったのでしょうか? 何かきっかけのようなものがありましたか?

②足の指のしびれは、小指側に強い、または親指側に強い、といった傾向はあるでしょうか。しびれがあるのは足指で、足の甲は押さなければ痛みも痺れも無いと理解してよろしいですか?

③足に冷感はありませんか?

④腰痛はないでしょうか。

⑤持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

1-左足の小指側側面のしびれを感じ2-3日してから右足の親指のあたりにも同じ感覚を。現在は両足とも親指側が強いようです。甲はおさなければ痛みは殆どなく、若干の違和感をかんじるだけです。


2-足は若い時から熱く、布団から出して寝るくらいです


3-寝てるときに腰痛を感じるときもあります。


4-6年前肺がんの手術とこの1年リンパの腫れで定期的に血液検査中


薬はー尿酸値ザイロリック・甲状腺チラーチンS

質問者: 返答済み 3 年 前.

1-左足の小指側側面のしびれを感じ2-3日してから右足の親指のあたりにも同じ感覚を。現在は両足とも親指側が強いようです。甲はおさなければ痛みは殆どなく、若干の違和感をかんじるだけです。


2-足は若い時から熱く、布団から出して寝るくらいです


3-寝てるときに腰痛を感じるときもあります。


4-6年前肺がんの手術とこの1年リンパの腫れで定期的に血液検査中


薬はー尿酸値ザイロリック・甲状腺チラーチンS

質問者: 返答済み 3 年 前.

1-左足の小指側側面のしびれを感じ2-3日してから右足の親指のあたりにも同じ感覚を。現在は両足とも親指側が強いようです。甲はおさなければ痛みは殆どなく、若干の違和感をかんじるだけです。


2-足は若い時から熱く、布団から出して寝るくらいです


3-寝てるときに腰痛を感じるときもあります。


4-6年前肺がんの手術とこの1年リンパの腫れで定期的に血液検査中


薬はー尿酸値ザイロリック・甲状腺チラーチンS

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
同じ内容の返信が3報届いております。

現在回答作成中ですが、返信のたびにそれが初めからやり直しになってしまいますので、しばし静観してお待ちいただくことはできないでしょうか?

1~2分で作成可能な回答をご所望ならばそのように致しますが……。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
下肢に痺れや痛みがある場合、神経性の病態と血管性の病態を想定する必要があります。

相談者様の場合、血行不全を示唆する足の冷感がないことと、高血圧や高脂血症のような、動脈硬化の原因となるような持病をお持ちでないことから、まず血管性の病態(足の血管が狭くなったり詰まることによって起こるしびれ・痛み)は否定的です。

次に、神経性の痺れの場合も、痺れている足の神経に問題があるのか、それよりも上流に問題があるのかを考えなければなりませんが、相談者様の場合は、両側性・対称性に症状が現れていること、また、糖尿病のような末梢神経障害を起こしうる持病をお持ちでないこと、腰痛もおありであることから、腰椎のトラブルによる下肢の感覚障害の可能性を第一に考えます。脊髄から、腰椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、足の痺れや痛みが現れている可能性が高いということです。

感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、第5腰髄神経(T5)~第1仙髄神経(S1)に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブル(例:椎間板ヘルニア)が想定されます。
http://www.octls.com/derl.jpg

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

ただし、痛風で足の甲の痛みが出る場合もございますので、ザイロリックを処方している医師に、痛風と足の症状の関係の有無について確認はされておいた方がよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問