JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

微小変化型ネフローゼと診断され、地元の中規模の総合病院で約2年ほどステロイドを服用した結果、ネフローゼの方は落ち着き

解決済みの質問:

微小変化型ネフローゼと診断され、地元の中規模の総合病院で約2年ほどステロイドを服用した結果、ネフローゼの方は落ち着 きましたが、ステロイドの副作用で白内障と骨粗鬆症および大腿骨頭壊死?になりました。現在はステロイドの服用は終わっていますが、痛みのため歩く事が困難な状態です。
通院している病院の整形外科ではMRIを撮ったのみで特に治療はしていないのですが、これ以上の悪化を防ぐためにはどのようにしたら良いのか、不安な思いでいます。
周囲の方からは別の病院へ行った方が良いのではないか? とも言われています。
このような症状に経験の多い病院があれば行ってみたいとも思いますが、良いアドバイスをいただけませんでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

相談者様の診断は、特発性大腿骨頭壊死症ということになります。
http://www.nanbyou.or.jp/entry/160
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/femur_he ad_necrosis.html

保存療法か、手術療法のいずれかがなされるべきですが、現状、何も治療がなされておらず、受診されている整形外科が股関節に関して専門性が高くないのであれば、専門性が高い他の医療機関を受診されてセカンドオピニオンを受けられることをお勧め致します。

下記のサイトから、日本股関節学会指定の研修病院を検索することができます。ここから、通いやすい 場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が 高いと考えます。

【日本股関節学会 研修病院】
http://hip-society.jp/training.html

これ以外の病院であっても、「股関節外来」というキーワードと地名を組み合わせれば、股関節に関す る専門性が高い病院はみつかりますから、そういった病院を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答いただき、ありがとうございました。


返答が遅くなり、申し訳ありません。私なりに調べたり、途方にくれたりしていました。


 


特発性大腿骨頭壊死症というキーワードで色々調べてみましたが、最終的には手術ということになるのかなぁと少し悲観的になっています。


現在痛みが有る場合、保存療法でも回復の見込みはあるのでしょうか?


同じようにステロイドを服用していた知り合いの人は、骨粗鬆症対策にカルシウムの注射をしていたそうですが、私の場合もカルシウムの注射で防げたのでしょうか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

残念ながら、「現時点では、特発性大腿骨頭壊死症の発生自体を予防する有効な方法はまだ確立されていません」(医療関係者の皆様へ - 厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1m07.pdf より引用)。

 

従いまして、カルシウムの使用が相談者様の特発性大腿骨頭壊死症を予防できていたとは思われません。

 

現在痛みが有る場合でも、保存療法の適応となる場合は少なくありません。ただ、これも残念ながら、一度壊死した部分の骨が再生することはありませんので、保存療法は「回復」ではなく現状維持を目指すものになります。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問