JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして、お願いします。 当方、43歳男性です。一年ほど前より、右足膝に違和感があり、地元の整形外科医院にもかか

解決済みの質問:

初めまして、お願いします。
当方、43歳男性です。一年ほど前より、右足膝に違和感があり、地元の整形外科医院にもかかりました。どの医院でも診察は同じで、注射と痛み止めの処方で終わりとなります。
ここ2ヶ月ほど、安静時でも痛みが出るようになりました。押して痛むとかではなく、常に痛みが続いている状態です。今後、どのような治療が望ましいのでしょうか?
ご意見お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①各医院での診断を教えて下さい。注射とはヒアルロン酸の関節内注射のことですか? 神経ブロック注射でしょうか。

②MRIが撮れる規模の医療機関を受診されたことはないのでしょうか。

③太ももの裏側や臀部、ふくらはぎには痛みはありませんか?

④腰痛はないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

早々にありがとうございます。


1、神経ブロック注射だと思います。


2、MRIはありません。通常のレントゲンのみです。軟骨がだいぶすり減っているとは言われました。


3、ほかに痛みはありません。右膝内側で皿から外れて、少し出たところが痛みます。曲げ伸ばしなどもいまのところ支障はありません。


4、以前にぎっくり腰をやったことはあります。いまのところ痛みはありませんが、お尻にコリがあることは分かります。


以上、よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
つまり診断は変形性膝関節症だと理解してよろしいですか?
http://www.tmg.gr.jp/hokensinpou/040201-hizakansetusyo.html
http://www.richbone.com/kansetsu/ill/ill.htm
質問者: 返答済み 3 年 前.

医師からの明確な診断はありませんでした。


今後はどのようにするのが望ましいですか?


仕事の関係で、度々、通院するのは難しいので、可能なら市販薬などで改善できればと考えています。


注射ですが、ヒアルロン酸の関節内注射のほうが効果はあるのですか?


また、日常的に気をつけることがあればご指導ください。


以上、宜しくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
恐れ入ります。
病棟から呼び出しがかかりましたので、2~3時間後以降に回答させてください。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
お待たせしました。

それでは、相談者様の診断が、変形性膝関節症であるという前提で回答させていただきます。

変形性膝関節症は、加齢に伴い膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。

鎮痛剤は炎症を鎮めるだけの対症療法ですし、ヒアルロン酸の関節内注入も、摩擦を減らすだけで、それによってすり減った軟骨が元に戻るわけではありません。
膝関節は体重がかかる「荷重関節」ですので、変形は日常生活の中で進行していきます。

根本的に痛みを取り除くには、手術が必要です。膝関節を人工関節に置換する必要があります。

市販薬で対応されるのであれば、一般的な鎮痛剤を服用されるのがいいでしょう。
ただし、いずれにせよ、進行を止めることは不可能ですから、いずれかの時点では病院受診が必要になります。
日常生活で行えるその他の試みとしては、膝にかかる負担を減らすための減量と、膝の関節の安定性を増すための筋力トレーニング(これはリハビリテーション施設がある医療機関で理学療法士の指導を受ける必要がございます)とが推奨されます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問