JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ocean-skyに今すぐ質問する
ocean-sky
ocean-sky, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 178
経験:  日本体育協会公認スポーツドクター、救急医
75715664
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
ocean-skyがオンラインで質問受付中

回答がありませんが・・・。待っています。

質問者の質問

55歳男性: 5年程前に足にしびれを感じ、整形外科で「黄色靭帯骨化症」と言われ、手術しました。 しかし、改善されず、さらにしびれがひどくなっています。執刀医は、一度傷ついた脊髄だからしびれからは解放されないと言われましたが 、そうなのでしょうか。 現在は、さらにしびれて足に力が入らないのに加えて、足の付け根や腰に痛みを感じ、ひざも痛い状況です。 ひざの痛みは軟骨減が原因か、しびれて足に力が入りにくいことは、坐骨神経痛?・脊柱管狭窄症? 手術後のMRI診断(最近は、受けていませんが)では、特に異常は、ありません。 慢性的な足の痛み・しびれから解放されたいのです。手のしびれはありません。右足先は、感覚も鈍く感じます。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

手術なさったのは5年前でしょうか?
術後症状は改善しなかった、と。
しびれがひどく なっているのですね。

現在は「さらにしびれて足に力が入らないのに加えて、足の付け根や腰に痛みを感じ、ひざも痛い」ということですので、
まず、今現在の黄色靭帯骨化症の様子を知る必要があります。

もうご存知かもしれませんが、黄色靭帯骨化症に関し、日本整形外科学会の説明をご紹介いたします。
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/opll.html


今のご質問者様の症状からしますと、できるだけ早めにセカンドオピニオンをお勧めいたします。
胸椎だけではなく、腰椎の精査も必要だからです。

腰椎のMRIのお検査はされたことはありますか?


以下に脊椎脊髄分野の専門医のリストをご紹介いたしますので、ご参照ください。

日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。手術したのは、2008年1月です。

スポーツドクターとのことで、うれしく思います。私は、週1、2回、現在もバドミントンを競技として続けています。しびれから下半身が安定しないもどかしさを感じて何とか治したいと思っています。

黄色靭帯骨化症は、背中(肩甲骨と腰の間)を手術しました。腰と胸のMRIとのことでしょうか。腰椎は、手術前にMRIを受けていますが、異常なかったと記憶しています。胸椎は、撮っていません。

靭帯が骨化し脊髄を傷つけると、手術し骨化した靭帯を削ってもしびれからは解放されないのでしょうか。であれば別の原因で胸椎・腰椎からくるものということですか。

専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。
バドミントンを競技として続けておられるのですね。

ある程度神経症状が出現している場合には、あまりこの状態を放置しておくと、脊髄自体にもとに戻らない変化(いわゆる不可逆性変化)が生じてしまい、たとえ手術を受けても術後の神経症状の回復程度が不十分になると考えられています。

また、以下のような術後成績も報告されております。

骨化が脊柱管前後頚の60%を超えると、ほぼ全例で脊髄障害が出現するが、静的な圧迫よりも動的な圧迫要因の方が脊髄症発症に関与している事が多い。軽症の脊髄症の場合、神経症状は不変の場合が多く、必ずしも進行性とはいえない。一方で進行性の脊髄症の場合、自然軽快は困難であるため、時期を逸せず手術を選択することが重要である。
術後長期予後は術後5年を境に、徐々に神経症状が再悪化する傾向が見られる。
頸椎の改善率は50%程度とするものが多く、周術期合併症として、脊髄麻痺の悪化は約4%、髄節性運動麻痺は5~10%程度と報告されている。一方胸椎の改善率は頸椎と比較して術後成績が不良であり、改善率は約40%、脊髄麻痺の悪化も10%程度と報告されている。
(難病情報センター、後従靭帯骨化症ページより)リンクが貼れませんでした。

さらに、腰椎でも骨化病変が見つかることもございますので、
今現在の状態を知る上でも、胸椎、腰椎のレントゲン、MRIをお撮りして、セカンドオピニオンを仰いでいただくことをお勧めいたしますとともに、現在の症状に対し、ペインクリニックでのご相談もご紹介いたしたく存じます。
「日本ペインクリニック学会の専門医のいる施設」のページをご参照ください。

タブレットPCの不具合でリンクが直接貼れまずご面倒をおかけしますが、何卒ご了承ください。


ocean-skyをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


ありがとうございました。


MRIでもわからなかったり、MRIで見つかっても症状が出なかったり神経系は、難しいものと治らないものと諦めていましたが、最近は練習後のしびれが以前にも増して感じるようになりました。


これを機にMRIを再度受けてみようと決心しました。


リストから病院探します。

専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのでしたら幸いです。

どうぞお大事になさってくださいね。

整形外科 についての関連する質問