JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ocean-skyに今すぐ質問する
ocean-sky
ocean-sky, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 178
経験:  日本体育協会公認スポーツドクター、救急医
75715664
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
ocean-skyがオンラインで質問受付中

54歳の女性です。臼蓋形成不全と、診断され、同時に腰椎第五と、仙骨の間のヘルニアにも悩まされています。仕事で無理をし

質問者の質問

54歳の女性です。臼蓋形成不全と、診断され、同時に腰椎第五と、仙骨の間のヘルニアにも悩まされています。仕事で無理をして、今、腰がしびれるように、重だるい 感じで、しゃがむと腕の力なくして立ち上がれません。主に、腰が痛いように感じるのですが、もし、手術するのなら、ヘルニアの方か、骨切をするべきなのか、教えてください。股関節の不具合のせいで、腰にも負担がきているのでしょうか。それぞれ関係なく悪くなったのでしょうか。股関節の方は、まだ軟骨は、すり減っていないといわれました。温存療法でしばらく様子をみようとも考えたのですが、今の状態では仕事を、辞めなければならず、この機会に手術して、仕事復帰できればと考えています。仕事は、主に、座り仕事です。よいアドバイスお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  ocean-sky 返答済み 4 年 前.
こんにちは。



臼蓋形成不全と腰椎第五と、仙骨の間のヘルニアに関して、手術をご希望ということですが、
例えば、腰椎の手術を内視鏡で行うとしまして、股関節の骨切りも同時に可能と言えば可 能です。

その際、麻酔時間が通常の一つの手術に比べて長くなりますので、ご質問者様に内科的な問題がなければ、、、同時手術が可能ということになります。



>股関節に関しては、体重を8キロほど落とした、、、
とのことですので、このままリハビリで非手術で粘るという手もありますが、、、。

股関節の不具合のせいで腰に負担は生じます。
ですので、ご質問者様の臼蓋形成不全の程度で、股関節はリハビリで対応できるものなのか、手術をした方がいいのか、よく考慮する必要があります。


どちらにしても、主治医となる医師とよく相談なさる方がよろしいと思いますので、
以下に脊椎脊髄の専門医のリストをご紹介いたします。ご参照ください。


日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医名簿
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/vertebra.html

日本脊椎脊髄病学会の脊椎脊髄外科指導医
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do







整形外科 についての関連する質問