JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

中手骨骨幹部骨折 左手中指。空手打撃にて三日前にけが。ずれは1ミリ程度なので手術せず、現在腫れているため仮固定1週

解決済みの質問:

中手骨骨幹部骨折
左手中指。空手打撃にて三日前にけが。ずれは1ミリ程度なので手術せず、現在腫れているため仮固定1週間後に固定するといわれてます。13日に選考会がありどうしても出なくてはなりません。出来る限りのテーピングをしてと考えていますが、最悪の場合どのような事態が起こるでしょうか。開放骨折になることもあるでしょうか。もちろんその日が終われば手術になっても仕方ないと思っています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

いわゆるボクサー骨折ですが、短くても全治1ヶ月はかかります(空手の競技復帰となると3ヶ月はかかると思います)。

10日後に「選考会がありどうしても出なくてはなりません」とのことですが、常識的に申し上げて出場は不可能だと考えます。
「どうしても」というその理由を教えて下さい。
ちなみに直接打撃制の空手なのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

御世話になります。


直接打撃制ではなく、当てれば反則になるルールですが、あたります。10日後にある選考会は2次選考会で最終選考会は来春です。一生に1度の大会で本人も勿論出場したい思いですし、学校側も出て当然という雰囲気で、なんとか乗り越えなくてはならないようです。


テーピングはボクシングの選手がするようにすればいいのでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
最近は全空連のルールでも当ててパチンと音がして有効だという見方ですからね。

基本的には、出場辞退をお勧めします。主治医に聞いても同じ意見ではないでしょうか。

ボクサーがバンテージを巻くのは骨折を防止するためで、折れた拳にバンテージを巻いても骨がずれることを防ぐのは難しいと思います。
どうしても出場される場合は、手甲のようなシーネ(副木)を作ってもらい、その上からテーピングで拳を固めるしかないでしょう(でなければ、開放骨折する可能性があります)。
かつ、出来るだけ左の突きは使わずに試合を組み立てることでしょうね(折れた拳で殴ると自分の方が痛いと思います)。

私が考えうる手段はそれくらいです。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


ご回答ありがとうございました。ぎりぎりまで辞退を考えたいと思います。


手の外来があると聞きました。手術となった場合やはりそのような病院に行ったほうがいいのでしょうか。


お忙しいところ何度もすみません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

今回の事のみならず、先々のことを考えるのであれば、手外科の専門医にかかられるべきだと私も考えます(現在の主治医が手外科の専門医でないのであれば)。
手は、非常に繊細は構造と機能を有しているために、整形外科の中でも専門性が高い領域なのです。

下記のサイトから、日本手の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本手の外科学会 専門医一覧】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問