JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。正座や蹲踞が出来なくなり,整形外科でMRI検査を行いました。半月板が損傷している診断がなされま

解決済みの質問:

よろしくお願いします。正座や蹲踞が出来なくなり,整形外科でMRI検査を行いました。半月板が損傷している診断がなされました。 先生と相談して年末に半月板の手術を行います。内側を損傷しました。入院は4日です。術後は,どのくらい松葉杖が必要で,どのくらいのリハビリが必要でしょうか?実は,剣道をやっていまして,2月末には大会が控えています。無理でしょうか?また,半月板は修復しないと言われましたので,手術に踏み切りましたが,手術が正解なのでしょうか?他に治療法はないのでしょうか?左右の膝を比べましたらやはり悪いほうがむくんだ感じになっています。
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

半月板は血流が乏しい組織ですので、損傷が起きれば、手術で縫合するか、一部を切除するしかありません。よって、手術が正解で、他に治療法は無いと言えます。少なくとも、競技レベルでスポーツを続けられるのであれば、他の治療選択肢はありません。
http://sports-medical.net/sports-clinic/disease/disease.php?id=113
http://homepage2.nifty.com/koto-orthopaedics/hangetunew.htm

①手術は、当然、関節鏡手術で行われると理解してよろしいですか?

②手術を受けられる医療機関は、スポーツ医がいる、競技者が多く通ってきている整形外科ですか? リハビリテーション設備、理学療法士のようなスタッフは揃っている病院・クリニックでしょうか。

③手術をすると決まった時点で、通常はリハビリテーション期間と競技復帰時期が示されますが、主治医からはどのように説明を受けられていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。はい。ベガルタ仙台の担当の病院でもあります。なので,素晴らしい病院・先生方であります。初めての入院,手術でしたので,心配になり質問させていただきました。とにかく手術をして,リハビリを行い競技に復帰できるよう頑張ります。今でも,全く出来ないわけではなく,正座・蹲踞は剣道に欠かせない所作なので,困っていました。手術まで,大会が一つだけあります。ヒアルロン酸を注射していただきそれに臨みたいのですが,いかがなものでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.



専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

施設差や、もちろん患者様ごとの差異もありますが、一般的に半月板の関節鏡手術の場合、入院3日程度、リハビリテーションをきっちりと行えば3~4ヶ月で競技復帰できる場合が大半です。3ヶ月休んで練習に復帰してすぐに試合に出られるわけではありませんが、年内練習復帰、2月試合出場は不可能ではないように思えます。

手術前の大会出場となると悩ましいところです。
他競技ならテーピングやサポーターで関節の安定性を高めて、半月板にかかる負担を低減するというやり方がありえますが、それでは蹲踞や正座ができません。
やるとなれば鎮痛剤を服用し、仰るようにヒアルロン酸の関節内注射を行って半月板のま摩擦を低減して、という方法になるでしょう。
不可能ではないと思います。自分が選手ならそれを望むでしょう。
ただ、半月板損傷が進行する可能性はありますから、そのリスクをとるか、という相談者様ご自身の決断と、医師の医学的判断次第であろうと思います。

スポーツ選手をたくさん見ている整形外科医なら恐らく、OKを出すのではないかと思いますが、実際に相談者様を診察していない私の立場としては、これはやはり主治医とよく相談して下さいとしか申し上げようがありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問