JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻が指間根症候群と診察され、治療はリハビリと注射です。もう一年以上も治りません。手のしびれで握ることも出来なくなりま

解決済みの質問:

妻が指間根症候群と診察され、治療はリハビリと注射です。もう一年以上も治りません。手のしびれで握ることも出来なくなります。他の原因は考えられませんか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

少し捕捉情報をください。

①奥様に付された診断は「手根管症候群」ではないでしょうか? 症状は、以下のサイトで説明されている内容に合致していますか?
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html

②受診されているのは手専門の整形外科でしょうか。

③「注射」とはステロイドによる注射でしょうか。

④首を後ろに反らしたり、回すことで手のしびれが強くなったり弱くなったりすることはありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜間帯になるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返答ありがとうございます。


①妻の病状は手根管症候群です。ご紹介のサイトの症状のようです。


②手専門の整形外科ではないです。


③痛み止めの注射です。成分はわかりません。


④首の動きでは変化はないようです。


 電気が走るようなしびれだそうです。


 


以上、宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

親指から中指・薬指にかけてのしびれが主症状であるならば、診断としては手根管症候群である可能性が高いと思います。

頚椎の何らかのトラブルで、脊髄から上肢に伸びす神経の根元(神経根)が圧迫された場合、圧迫部位によっては(第6、第7頸髄神経:C6、C7)、類似の症状が起こる場合がありますが、頚部を動かしても症状に変化が無いとのことですからその可能性は低いと考えます。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg

手根管症候群としての適切な治療を受けられる必要があると考えます。
まず、痛みがコントロールされていないのにも関わらずリハビリテーションを行うべきではありません。むしろ装具を用いてでも手首の安静を保つべきです。
現在の治療ではいつまで経っても改善は期待できないでしょう。「手根管症候群なのに治らないから手根管症候群ではないのではないか」ではなく、「手根管症候群であるにも関わらず、手根管症候群としての治療がなされていないので治らない」のだと考えるべきだと考えます。

既に病歴が長くなってしまっていますから、病状はこじれてしまっていると思います。手術が必要かもしれません。
手外科の専門医の受診をお勧めいたします。
手は、非常に繊細な構造と機能を有しているために、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
下記のサイトから、日本手の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、奥様がお困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本手の外科学会 専門医一覧】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問