JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

手を骨折し、重い物をちょっと持った所痺れがでてどうしても治りません。MRIを撮ったほうが良いと言う人も有り、ですが

解決済みの質問:

手を骨折し、重い物をちょっと持った所痺れがでてどうしても治りません。MRIを撮ったほうが良いと言う人も有り、ですが剥離骨折してる可能性もあり、らしい、ですが整形外科ではお手上げ状態です。どうしたら良いか、教えて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①いつ、どのようにして、どの部位を骨折したのですか?

②その骨折に関して「整形外科ではお手上げ状態」なのですか? なぜでしょう?

③受診された整形外科はどれくらいの規模の医療機関でしょうか。診察医は手外科の専門医ですか?

④「MRIを撮ったほうが良いと言う人も有り、ですが剥離骨折してる可能性もあり」というのは、どこから出てきた情報ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.
4月3日に手首より2〜3センチ位のところを戸にぶつけて切断するように骨折しました。1カ月で手は つきましたが 整形外科医は剥離骨折もあるかもーといいましたが特には何もせず、でした。
痛みは左腕全体にあり、手首はひねると特にいたいです。今も。6月17日に600gの物を腕を折り曲げる形で2時間持ち歩き、痺れが手全体と肘よりでました。手全体、特に指先の痺れが酷く、現在も同じくです。医師は温めるリハビリしかせず、後は自然治癒と思ってと。左腕も五十肩のせいではないか、と。湿布薬をよこすだけです。骨折してから約半年たちますが手と指先の痺れ、腕全体の痛み、治すにはどうしたら良いのか、アドバイスお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

⑤骨折の位置をもう少し詳しく教えて下さい。「手首より2〜3センチ」というのは、手首よりも肘側に2~3センチですか? 手寄りに2~3センチですか? どの骨が折れたのでしょう? 前腕の骨(橈骨や尺骨)ですか? 手のひらの付け根の骨でしょうか。

⑥受診されている整形外科医は手外科の専門医ですか?

⑦骨折部位に骨のずれはありましたか? 整復して正しい位置に戻してからギプスで固定したのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
骨折は左手首の手のヒラ寄りをです。整形外科医はいわゆる町の医師で手の専門ではなく、整骨院ぽくもあります。自分の手に負えない時は都立墨東病院にまわしています。骨のずれはないと医師は言ってます。骨がついたと医師よりレントゲンも魅せられましたが良くはわかりませんした。その時も痺れや、痛みもありました。医師に自然治癒ですか?と聞くと何ともこたえませんでした。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ということは、手根骨の骨折ということでしょうか?
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0d/bd/9efc34dda56db894cac493b5456e0c4e.png
↑↑↑クリックしていただくと画像が開きます↑↑↑

この中のどの骨が折れたか、説明がありましたか?
どのように固定したのでしょう?

何度も申し訳ありませんが、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
クリックした所ページが見つからなくなっしまい失礼しました。手のひらの二番目の手何とか骨です。手と指の間の骨らしかったです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

情報としては十分ではありませんが、相談者様が受傷されたのは中手骨か手根骨のいずれかの骨折であろうと推察いたします。
「手首より2〜3センチ」ということであれば手根骨でしょう。
結論から申し上げると、手外科の専門医を受診されることをお勧めいたします。

手根骨の骨折は一般の整形外科医にとってはレントゲン写真の読影が難しく、診断が困難な骨折です。実際、専門医であってもMRI検査を行うまでは診断が付けられないことがあるほどです。手根骨とは8つあり、前掲の図のようにそれがブロックのように隙間なく掌の付け根にひしめいていますから、骨折線がわかりづらいのです。
手根骨骨折の中でもっとも起こりやすいのは舟状骨(しゅうじょうこつ)という骨の骨折です。
http://ameblo.jp/rt-spirit/entry-10956112067.html
http://www.orthopedic.jp/tag/舟状骨骨折

舟状骨に限らず、手根骨骨折は、見落としやすいうえに治りにくいので、固定の仕方が不適切だと、容易に「偽関節」を呈します。骨がくっつかないまま痛み続ける状態です。
そうなりますと、手術してスクリューで固定するほかありません。

仮に中手骨の基部(手首側)の骨折だとしても同じことが言えます。

剥離骨折がどうこういった問題ではありません(剥離骨折ならばレントゲンに映ります)。

現在、相談者様が腕全体の痛みを感じられているのは、手首を庇って腕全体の使い方がいびつになっているからだと考えられます。
まず、最初の骨折部位を特定し、しっかりと治すことが必要ですし、現在の主治医のもとにいくら通っても改善は期待できないと思います(仮に手根骨の偽関節が起きているとすると、リハビリテーションは文字通り傷口を広げる行為になりえます)。

手は、非常に繊細は構造と機能を有しているために、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
下記のサイトから、日本手の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本手の外科学会 専門医一覧】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問