JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

14年程前から腰椎ヘルニア頸椎ヘルニアです。3年前より、首から顎に引き連れの症状があります。甲状腺の検査では異常なし

解決済みの質問:

14年程前から腰椎ヘルニア頸椎ヘルニアです。3年前より、首から顎に引き連れの症状があります。甲状腺の検査では異常なしでした。痛くなったら整形外科医院に行き、ムコスタ、リンラキサー、ロキソニン、スミルテープ等を使用するを繰り返してきましたが、2か月前より、左足のつれ、しびれ、後ろ側頭部鈍痛、肩甲骨から肩首の鈍痛、終身中寝返り等で頭を持ち上げようとすると頭に激痛がある。主に右耳目の痛みがあります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

 

ご記載の症状は、頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアの症状と考えて矛盾は無いと考えます。

 

ご質問になりたい事項を読み取りかねるのですが、よろしければご質問を箇条書きにしていただけないでしょうか?

 

※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 4 年 前.

2か月前より、左足のつれ、しびれがあります。


 


後ろ側頭部鈍痛、肩甲骨から肩首の鈍痛があります。


 


終身中寝返り等で頭を持ち上げようとすると頭に激痛がある。


 


主に右耳目の痛みがあります。


 


この症状は我慢の範囲でしょうか。よくなる方法はありますか。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

少し補足情報を下さい。

 

①14年間もヘルニアを患われていますが、ずっと現在の整形外科医院で診療を受けられているのでしょうか。

 

②頸椎、腰椎のMRI検査を受けられたことはありますか?

 

以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


近くの医院や総合病院は4か所行きましたが、投薬とシップ薬だけで、手術するほどではない。ということで、大したことではないと自身も判断し投薬とシップ薬だけでもらっていままでは来ました。


総合病院では5年前頸椎、腰椎のMRIをとりました。つぶれていますが、手術するほどではないということでした。レントゲンは頸椎、腰椎とも2年前医院にて、悪くなってはいないということでした。ちなみにこの2か月の症状はまったくありませんでした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

肩・首・頭部の痛みは頸椎が原因で起きている可能性が高いと考えます。

「(椎間板が)つぶれて」いるというMRI所見であったとのことですが、5年前よりも状態が進行し、脊髄から頸椎の間を通って肩・首・頭部に伸びている神経の根本が圧迫を受けているために痛みや痺れが生じているものと思われます(これを神経根症状と呼びます)。

下肢の痺れ・痛みに関しても同様です。

 

慢性化した椎間板ヘルニアでは定期的なMRIによる経過観察が不可欠です。

神経根症状に対しては湿布や一般的な鎮痛剤は効果がありません。
リリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 ブロック注射といった対症療法が必要ですが、進行度合いによっては手術が必要になります。

 

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問