JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

39才女性です。9/2の朝起きて手が痺れてしばらくしたら治るかなーと思ったら、右手人差し指と中指の間の感覚が鈍い感じ

解決済みの質問:

39才女性です。9/2の朝起きて手が痺れてしばらくしたら治るかなーと思ったら、右手人差し指と中指の間の感覚が鈍い感じにずっとなってます。脳神経外科で首のMRI検査したところ、首の5,6番が軽いヘルニアということで、これが原因じゃないかと いうことで、メチコバール錠とチザニン錠を処方してもらい、リハビリ(電気、首を上へ伸ばす機械)を一回したのですが、なんだか今度は首の右のつけ根(5,6番辺り?)の感覚までが無い感覚になってます。
リハビリした後にそうなった感じです。因みに脳のMRIもして異常ありませんでした。握力も平均以上ありました。一応再診する予定ですが、この首のヘルニアを治すにはこれらの治療方法しかないのでしょうか?また余計悪くなるんじゃないかと不安です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

頚椎の5番と6番近辺から出る第6、第7頚髄神経(C6、C7)はたしかに人差し指や中指の感覚を司る神経です。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg

MRIで所見があったのであれば頚椎椎間板ヘルニアと考えても良さそうです。
頚椎椎間板ヘルニアの治療は、「頸椎牽引療法・頸部カラー固定。頸部のマッサージなどの理学的療法などがあります。ただしこれらの療法により時には症状が悪化することもあり得ますので、十分な観察のもとに行う必要があります」(http://square.umin.ac.jp/jsss-hp/patient/hernia.html より引用)。

ただ最近は、急性期には牽引やリハビリテーションは行わず、安静を保って薬物療法で神経の炎症が自然に治まるのを待つアプローチをとることの方が多いと思います。
相談者様の場合も、軽度の感覚障害のみの軽症例(「軽いヘルニア」)であるとのことですから、経過観察にとどめてもいいように思われます。

現在通われている脳神経外科の主治医が脊髄の専門医でないのであれば、脊椎・脊髄専門の整形外科医か脳神経外科医を受診されてセカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。


【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問