JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脊柱管狭窄症で1年以上前から治療を受けていますがある程度良くはなったようですが未だ足の痺れ(特に左)が取れず悩んでい

解決済みの質問:

脊柱管狭窄症で1年以上前から治療を受けていますがある程度良くはなったようですが未だ足の痺れ(特に左)が取れず悩んでいます。現在の治療は月1回の仙骨ブロック注射と投薬(LyRiCA150mg)ですが副作用(足の浮腫)で薬は飲むのを止めました。痛みは日常生活ならなんとか我慢が出来ますが趣味で登山をやっていますが長時間の歩行はものすごく疲れます。日常生活に支障ないという事で手術はやってもらえません(手術しても効果あまり無いとのこと)、なんとかもの痛み(痺れ)から開放され登山を楽しみたいと思っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。


①主治医は脊椎の専門医ですか? 腰のMRI検査や受けられましたか? どのような治療を受けられたのでしょう。

②脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気の総称です。従って脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症と複数の理由によって起こる狭窄をすべて含む概念です。
相談者様の脊柱管狭窄症の原因疾患は何なのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

当然MRI検査は既に受けています。たしかに狭窄して神経を圧迫しているのがわかりますが原因疾患の説明は医者から受けておりません、治療は月一回の仙骨ブロックと投薬ですが副作用の為薬は飲んでいません。ブロック注射は劇的に効きますが約3日で元に戻ってしまいます。痺れは太もも前後、ふくらはぎ、左足かかと、肛門の排便時違和感等があります。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

繰り返しになりますが、

①主治医は脊椎の専門医ですか?

また、追加で質問させて下さい。

③直腸症状が出かかるなど、既に強い神経症状が現れていますから手術適応だと思われますが、主治医が「日常生活に支障ない」という認識とはずれているのではありませんか?

④このままでは症状は進行すると思います。主治医は中長期的からはどのような治療方針
を示されているでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

日本整形外科学会脊椎脊髄病医→専門医ですよね。


行っている病院は基本的に保存治療の方針なのでなかなか手術は薦めてくれないようです。


次回診察日には手術も範疇に入れ今後の治療方針を聞いてみます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

主治医が日本整形外科学会脊椎脊髄病医なのであれば専門医ですね。

相談者様はまだお若いですから、正直、このまま「逃げ切れる」可能性は低いと思います。
いざ動けなくなって手術、ということになっても、長い期間、圧迫を受けていた神経の機能は完全には回復しないことがありますから、手術のタイミングjは重要です。
http://www.nagasaki.med.or.jp/n-city/health/news/health090921.html

> 次回診察日には手術も範疇に入れ今後の治療方針を聞いてみます。
⇒ぜひそうされるべきですし、他の専門医からセカンドオピニオンを受けられてもよろしいかと存じます。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。


【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、確認させていただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問