JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14343
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先週妻が強度の腰痛のため個人病院でMRI検査を受けました。 画像を見て先生は、ガングリオンが神経を圧迫している。

解決済みの質問:

先週妻が強度の腰痛のため個人病院でMRI検査を受けました。
画像を見て先生は、ガングリオンが神経を圧迫している。
神経ブロック注射を4~5回行って、ガングリオンが小さくなるか様子を見ましょうとの診断でした。
画像上、確かに大きなしこりのようなものがあるのですが、画像診断でガングリオンと断定はできるのでしょうか。
悪性腫瘍の可能性はないと考えて大丈夫でしょうか。
ガングリオンだとして神経ブロック注射でこれが消滅する可能性は高いのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

画像診断でガングリオンの診断は可能ですが、悪性腫瘍との読み分けをする読影能力がその診察医にあったかどうかはわかりかねます。

神経ブロック注射は痛いを抑えるだけで、直接的にガングリオンに働きかけるわけではありません。

少し補足情報を下さい。

①個人病院とは言ってもMRIが施行できるのですからそこそこの規模の病院だと思いますが、診察医は脊椎の専門医でしょうか?

②「全く立てなかった状態からやや改善」ということは、奥様は、「強度の腰痛」だけではなく、歩行障害もあったということでしょうか? 下肢に痛み・痺れはありましたか?

③腰痛はある日突然起きたのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生ご回答ありがとうございます。



①診断していただいた先生は、脊椎脊髄病認定医の資格をお持ちのようです。



②歩行にも障害はありました。下肢のしびれ痛みはかなり激しいようです。



腰痛は昨年からありましたが、今年特に春以降、徐々に悪くなってきているようでした。歩行障害を伴う強度の腰痛が発生したのは先週日曜日からです。



よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域ですが、診察医が脊椎脊髄病認定医の資格をお持ちであったのならば、診断、治療方針ともに信頼されてよいのではないかと考えます。
前述したように、MRIにて悪性腫瘍との鑑別は可能ですし、脊椎脊髄病認定医であればその鑑別能力はあります。

奥様の場合、脊柱管内にできたガングリオンであろうと推察いたします。
ガングリオンは良性の軟部腫瘍ですので自然消褪する(経過観察によって小さくなり、神経圧迫が無くなっていく)可能性もありえます。場所が場所ですので、いきなり手術をするよりは、神経ブロック注射で除痛しながらガングリオンが小さくなっていくことを待つ方針なのだと考えます(繰り返しになりますが、ブロック注射そのものでガングリオンが小さくなることはありません。ガングリオン自体が、自然に小さくなることがある性質をもった腫瘍なのです)。

ただ、痛みや痺れ、運動障害による生活上の支障が大きいのであれば、手術を含めた積極的な治療が必要になってまいりますので、ご不安であれば主治医と治療方針についてもう一度ご相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問