JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

よろしくお願い致します。 85歳の母で大腿骨頸部骨折(ひび割れ程度)に転倒してなりました。 現在、入院してい

質問者の質問

よろしくお願い致します。

85歳の母で大腿骨頸部骨折(ひび割れ程度)に転倒してなりました。
現在、入院しています。
人工関節置換術の手術を勧められています。

ただ、腹膜播種(ふくまくはしゅ)と言うガンでステージ4
余命6カ月無い。別の医師は余命1カ月。もしくは1-6か月の間との診断です。

認知症も日ごとにひどくなり、数分後には同じ事を聞いてきます。
家族の顔も分からなくなってきています。

現在認知症が影響して要介護認定4です。

骨折前は、ふらふらしながらも自立歩行していました。
ショートステイ中に施設で転倒しました。

骨折と言っても、ひび割れ程度のレントゲン画像でした。
ズレはありません。

麻酔による、さらなる認知症の悪化も心配です。
余命も半年は無いと断言されています。

これ以上の苦しみや痛みを見ているのがつらいです。
保存療法で手術を回避する事は考えられるでしょうか?

いずれにしても、現在入院先の病院は施設の方が
連れて行った病院で病院の全体的な感じは「昭和」
医師は老人、スタッフに笑顔や親切さや優しさは無く。

たとえ、表面だけでも取り繕ってくれている方がまだ
心配しなくて済むのかなと思ったりしてしまいます。

手術するにしても別の病院に移りたいのですが
可能でしょうか?
物理的なことや紹介をして頂けるかや、
どんな基準でふさわしい医師や病院を探すと良いでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

ご質問が複数入り乱れているようにお見受けしますが、「?」がついている順に整理させていただきます。

1. 保存療法で手術を回避する事は考えられるでしょうか?

2. 手術するにしても別の病院に移りたいのですが可能でしょうか?

3. 物理的なことや紹介をして頂けるかや、どんな基準でふさわしい医師や病院を探すと良いでしょうか

補足情報を下さい。

①ご質問は上記3事項だと理解してよろしいですか?

②1. に関してですが、手術をしなかった場合のご自宅での介護は可能でしょうか? 手術をしないという選択をした場合の介護について、ケアマネージャーを相談はされていますか?

③2. について。現在の病院はショートステイしていた施設の関連病院ですか? 股関節の専門性は高い病院なのでしょうか?

④3. について「物理的なこと」とは何のことですか?

⑤「紹介をして頂けるか」とは、現在の入院先から他院を紹介してもらえるか? ということでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

とりとめが無くなり申し訳ありません。


① 3項目が基本です。ガン末期の認知症の患者に手術、そしておそらく全身麻酔・・必要かどうか分からない、入院先の医師は老人でこちらの意思が伝わりにくいと言うか、伝わったかどうか確認できないので不安感が有ります。 


 


 


② 自宅の介護は行いたいのは山々ですが、自分たちの限界を考慮すると


 


できないと言わざるを得ません・・一晩でも二晩だけでも自宅に帰してあげたいとは強く思っています。現状は認知症なので24時間対応になります。


夫婦二人ではすぐに介護側に限界がきてしまうとおもいます。既にその様に夫婦でなりかけ周りのケアマネージャーや施設の方々からも無理はしないようにしてくださいと言われています。


 


手術をしない場合の介護についてケアマネージャーとは今しがた相談しました。導尿と言うのか、バルーンと言うのかを現在しています。それとおむつがあれば、訪問介護の看護師さんで自宅での介護も可能だと思いますよというお話でした。


しかし、妻は沢山の身内をいままで看取ってきた経験から自宅での介護には複雑な気持ちです。


 


 


③ ショートステイの関連病院ではありません。地理的に近いだけでした。


大腿骨頸部骨折の手術には慣れているようです。というか、それがしたくてしょうがないと言う感じです・・余命1カ月が数日過ぎていると言った状況は


分かってますけどと気持ちの無い短い言葉で終わってしまいます。


 


腹膜播種の場合の診察では、まったく違う病院でしたが設備が比較的良いという思いで診察を受けた医師は、触診、聴診器等全く使わず、患者を目視する事さえ僅かで「風邪や!」と言われ、総合感冒薬を5日分ほどだされただけでした。あまりの診察ですぐに別の病院に行きガンなので大きな病院で検査が必要だと言う事ですぐに対応してくれました。


 


今回も同じような空気を感じてしまっています。地方都市の現状なのかと


・・・


 


④ 物理的な事とは、バルーンを付けたまま退院、転院させてくれるのか


   転院の場合ストレッチャーのままで移動できる車両の段取りなどです。


   ケアマネージャーの所属の施設の親になる病院にはその様な車両は無いとのことでした。ケアマネの所属の病院は自宅近くですが、「昭和」「大正」と言う感じのところで、一時避難としか考えていません。


 


現在の内科の主治医はその病院に通ってこられている大きなこの地方の基幹病院の医師だと言う事ですが週に一度しか来られません。


ケアマネがその先生の判断を電話で聞けるか試してくれるそうです。


 


 


⑤ 病院の紹介に関しては、おっしゃる通りの意味でもありますし。


現在の母の病状の場合の専門医や専門病院をご紹介頂けないものかと思っています。私共は兵庫県南西部です。ぴったりの病院や施設が有ると言うことなら兵庫県、大阪府や岡山県ぐらい周辺地域なら考慮の対象内になります。


 


上手にお答えできたか、はなはだ疑問ですが


どうぞ事情ご賢察のうえよろしくお願い致します。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、ここまでご記載いただいた情報に基づいて判断すれば、お母様に人工股関節置換術を行う意義は希薄であると考えます。
手術前後で認知症が進行するリスクは確かにありますし、現在のレベルであっても、術後のリハビリテーションができないでしょうから、手術をしても歩けるようにはならないでしょう。

確認ですが、お母様は「余命1カ月」と宣告されているのですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


 


母を最初にガンだと診察したのは、


私の主治医の先生です。のちに主治医が紹介して下さった


大きな病院では「半年は持ちません!」と断言されました。


 


その後、延命処置は望まないと言う事も有り自宅に戻り


私の主治医の先生に面倒見てもらう事に成りました。


その時に「一か月だね」と言われましたが一か月は大丈夫でした。


 


現在一か月と数日が経過しています。


 


それから、介護施設の関係で、私の主治医の先生から介護施設の


関連病院に移りました。


 


その病院も自宅の近くなのですが、決して評判は芳しくありません。


ケアマネは昔からお付き合いのある方なので大抵の事は話し合えます。


 


介護施設の関連病院に大きな病院から診察にこられていると言う先生の診察を受けていますが週に1回しか来られないわけです。


 


その医師は「1-6カ月の間で幅が有ると言う事でしょう」と言われています。


 


母は今回の骨折で弱ってきています。


腹水も一時は減っていたようですが今はまた多くなっているようで


食事も殆ど食べれない状態です。


 


かと言って栄養補給の手段を何も今の病院は考えてくれません。


点滴もしていません。


 


最近まで、体中に発疹が出たり、足がむくんでパンパンに腫れていました。


今はその症状はおさまり、腹部痛が出てきています。


 


もう、長くないと実感しています。


 


最後はもう少しましな環境にしてあげたいのです。


必要でない手術で痛い思いや苦しみを感じてほしくないのです。


 


早くこの病院を出してあげたいのです。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございました。

状況はよく理解いたしました。
ただ、お聞きする度にお話が拡散していく印象があります。

最初のご質問に立ち戻って回答いたします。

まず、この状態のお母様に人工股関節置換術は必要ありません。

転院は可能です。バルーンカテーテルは受け入れの障害とはなりません。病院間の移送は民間救急車が使えます(http://民間救急車.com/)。

転院の目的は、看取り前提の全身管理ということになるでしょう。
転院先はケアマネージャーに相談されるか、ご自分たちで探す必要があると思います。
治療目的ではありませんので、急性期病棟には入院できません。「昭和」の雰囲気の長期療養病棟になってしまいますが、それが望ましくないのであれば、ホスピス病棟をもつ病院を探されて、受け入れ可能性を打診されるのがよいでしょう。
※JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
これに関してはご了承いただけますと幸いです。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をいただけなかったようです。

お役に立てなかったようですのでオプトアウト(回答辞退)いたします。

他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

お大事になさって下さい。

整形外科 についての関連する質問