JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一人住まいの80歳の母に関することです。 質問は、ペインクリニックの対象になるかどうかです。 10数年前に骨粗相

解決済みの質問:

一人住まいの80歳の母に関することです。
質問は、ペインクリニックの対象になるかどうかです。
10数年前に骨粗相症と診断され現在まで治療を続けています。残念ながら今まで改善は見られません。 極端に悪化することもないようなので、とにかく骨折に注意して生活しています。ただ、それが原因と思われますが、常に背中から首筋の痛みを抱えています。近所の掛かりつけ医院(整形外科と内科)で座薬(ボルタレン)をもらって何とか凌いでいましたが、最近はそれもあまり効かなくなってきて(本人弁)、さらに痛みが酷くなる日が増えてきたといいます。それがためか、最近は軽い認知症的症状もみられるようになって来ました。(物忘れ外来は別途受診させるつもりです)
とにかく骨の改善はせずとも痛みが軽減すれば、日常生活は何とかこなせる状態ですので、昨年疼痛外来の受診を薦めました。近隣の公立総合病院(麻酔科)は紹介状がいるので、掛かりつけの医師へ書いてもらうように本人に言わせたのですが、掛かりつけ医師はかなり消極的で未だにもらえていません。はっきりした理由もわかりません。もちろん我々家族が同伴して医師から意見を直接伺えなければならないことですが、基本的にこのような患者はペインクリニックの対象とはならないのでしょうか。大前提としてそのことをお訊きしておきたいと思って質問いたしました。
因みに、母の住居は埼玉県和光市で、近隣の公立総合病院は国立埼玉病院と都立豊島病院それと都立老人医療センターだと思います。
よろしくお願いいたします。

M.T.
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

痛みは、身体に生じた異常事態を知らせる警告反応として大切な役割を持っています。しかし、痛みの原因が明らかとなったあと、痛みは私たちに とって有益な存在から不必要な、さらには有害な存在へと変わっていきます。警告の役割を終えた痛みが長く存在すると、より強い痛みや新しい痛みが現れてく る、いわゆる痛みの悪循環が生じます。痛みが長期化すると私たちの生活の質(Quality of life:QOL)を低下させることにもなります。このような状態に陥った時はもちろんのこと、陥りそうな時には、身体的や精神的な苦痛を適切に緩和する ことがとても重要になります。

 ペインクリニックでは、神経ブロック療法や薬物療法などの様々な方法を用いて、有害な痛みを緩和するための治療を行っています。痛みの治療にあたっては、専門的な知識と技術をもとに、症状や身体所見から痛みの原因を診断し、適切な検査や治療を行います。

(中略)


 ペインクリニックでは、患者さん一人ひとりの身体的状況やライフスタイルを考えて、QOLの維持と向上を最終目標に治療内容を選択していき ます。具体的な治療方法としては、神経ブロックをはじめボツリヌス注射、高周波熱凝固療法、硬膜外内視鏡、脊髄刺激電極埋込み術のような特殊な技術を用い る治療法や薬物療法、光線療法、東洋医学療法などがあります。理学療法や心理療法を行なうこともあります。また、これら専門性の高い技術を用いて突発性難 聴、顔面神経痳痺、顔面痙攣など痛みを伴わない疾患の治療も行っています。

 このような痛みに対する治療は早ければ早いほどその治療効果 も高く、遅くなれば治療が難しくなったり、痛みが慢性化したり、より強くなることもあります。痛みが強い場合や長く続く場合は、我慢しないで、痛みの治療 を専門とするペインクリニック医に相談することが大切です」(日ペインクリニック学会ホームページより引用:http://www.jspc.gr.jp/ippan/ippan.html


お母様のように、痛みの原因を治療することができない患者様は、まさにペインクリニックの適応です。
ご記載を拝読する限りでは「
軽い認知症的症状」が、ペインクリニックのハードルになるとも思われません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。相談するとしたら、直接最寄りの専門医がいる医療機関に電話して診療予約をてとれば良いということですね。


特に紹介状がなくとも。


専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

紹介状はあった方がいいとは思います。
医療機関ごとに方針が違いますので、候補となる病院・クリニックに紹介状の要否を確認されるのがよろしいかと存じます。

一応の基準としては、200床以上の病院の受診には紹介状が必要ですが、その場合でも特定療養費(その他、呼称はさまざまです)の名目で2000~3000円程度を初診時に支払えば受診が可能です。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問