JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

昨年6月にヘルニア(L3・L4・L5)、脊椎間狭窄症で手術をしました。手術の方法は内視鏡下脊柱管拡大術でした(L4,

質問者の質問

昨年6月にヘルニア(L3・L4・L5)、脊椎間狭窄症で手術をしました。手術の方法は内視鏡下脊柱管拡大術でした(L4,L5の処置)
中を見るとL5のヘルニアが硬化しており、削ることが出来ない為にその後側を削り、脊柱管を外側に曲がった形(逃がした)で神経の圧迫を解除しま した。そのためかどうか図りませんが、手術数時間後歩行演習で右側の足がふらふらで歩けなかった。先生が注射を3回程度打ったら、杖で歩けた。
5カ月くらいで杖がなくても歩けるようになりましたが、まだ仙骨まわり痛み、尻足の痺れで1日じゅう痛みます。通常の生活で不可です(終日で腰のあたりの傷みは消えたようです)。今は痛みどめの服用と注射(首の後ろ両側の筋肉注射)で週一東京まで通っています。

出来るだけ歩くようにしています。30分程度の歩きですが、痛くて歩けないことも多いです。
もう一年になりますが、根本的原因は残ったままの治療で回復の目途が立ちません。ご診断をお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科

整形外科 についての関連する質問