JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

10年前位から、仮眠すると足が硬化したように、歩きづらくなりました。 それが、足裏のしびれになり、脚の甲へと広がり

質問者の質問

10年前位から、仮眠すると足が硬化したように、歩きづらくなりました。
それが、足裏のしびれになり、脚の甲へと広がりました。
今年の2月頃から小指を除く両手の指先にしびれを感じるようになりだしました。
前後して背中の上半分にも、大きなサロンパスを貼ったような、しびれと言えばしびれを感じ、これが暑いのだか寒いのだか両方の感じを意識させ、運動すると脇から背中にかけてとても嫌な汗が出ます。
足のしびれも朝は、膝近くまで進んでいるようで、階段も確かめるように降りてます。
日常生活はサンダルを脱いだと思い、はいたまま床に上がる程度で大きな支障はありません。
64歳。十年前から糖尿病。8年前からインスリン注射で生活しています。
40歳の時にぎっくり腰を発病、医者には通っていませんが、シップにて対応しています。
症状は徐々に進行していますが、最近はやや早く感じます。
考えられる原因と対処方法が知りたいのですが。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

HgA1cの値を教えてください。
糖尿はずいぶん長いのですよね。

内分泌科専門医にかかっておられますか。

喫煙はされますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
昨年までは7.0前後でしたが、最近は7.5まで上昇しています。喫煙は20歳からで、在職中は30本退職後 は20本の喫煙者です。担当医に質問したことがあり、3年ほど前ですが腰からきているのでしょうとのことでした。
基本的にはこの医師の考えでいます。ぎっくり腰は3か月ほど通いましたが、ひっぱったり、高周波を当てたりさまざまな処置をしますが翌日はやっぱり鈍く重いのです。シップが効いていて、その効果がなくなると元に戻る印象で、行かなくなりました。
その後、元気シートという商品名の腰巻が、(ホルマリン効果というのですが)症状を忘れさせてくれることから10年ほど使用、最近腰くだけ気味の症状が出てきて、シップに戻しています。
尚、糖尿は老化現象と捉えて生活しており、神経にくる時は激痛を伴う場合が多く、しびれには該当しないと思えるのですが。
背中の現象については更年期症状と酷似していると言われたことがあります。
専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.

お返事をいただいたのにすぐに対応できず申し訳ございませんでした。
お話を伺ってみていくつか問題があることに気がつきましたので順を追ってお話したいと思います。ちょっと長くなります。

まずは腰がお悪いんですね。
確かに腰椎から出ている神経が足を含める下半身を司っていますのでその通路のどこかで圧迫を起こしていれば痺れや痛みが出ます。ちょっとこれを読まれてくださいね。しびれの可能性としてこういうものがありますよ。

http://health.goo.ne.jp/medical/search/109B0800.html

ここで大切なことはぎっくり腰が実はいろいろな原因から起こるということなんですね。
つまりこれは単一の疾患名ではないということなんです。
急激に発症する強い腰痛の総称ですので、原因には椎間板繊維輪の損傷、椎間板ヘルニア、椎間関節障害、腰背筋や脊柱靭帯の損傷、骨粗鬆症に伴う圧迫骨折、脊椎・脊髄腫瘍などの各種疾患の可能性があるんですね。それらをはっきりさせることは大切です。
原因によって治療法が変わってくるからですので今一度お願いして腰椎のMRIを撮ってもらい原因をはっきりさせましょう。
まずそれが最初のステップですし、できれば脊髄の専門医が最適です。
以下のリストをぜひ参考にされて下さいね。

http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

さて、次はこれです。ちょっと読まれてみてくださいね。

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10660700.html

あなたにはリスクとして糖尿病と喫煙がありますよね。
閉塞性動脈硬化症、可能性がないかどうか血管外科で診てもらいましょう。
リストはこちらです。こちらで検査をお願いしてください。

http://cvs.umin.jp/spcl_list/

次に糖尿病自体による末梢性血管障害/神経障害です。

http://www.furano.ne.jp/utsumi/dm/complication/neuropathy.htm

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10M10700.html

時折靴を履いている感覚が鈍いようですし、これは気をつけられたほうがいいですし、内分泌科の先生にお願いしてもう少し血糖値をうまくコントロールできないかご相談になったほうがいいです。これはインシュリンの量もそうですが、ダイエットもプロの手でお献立を考えてもらったほうがいいです。

http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/

これが糖尿病の専門医のリストです。
足は毎日ご自分で傷や潰瘍ができていないかチェックする癖をつけましょうね。
そしてちょっとでも傷があればすぐに手当てをしてもらいましょう。
足の指や足は失いたくないですし、放っておいてたいへんなこと=壊疽になったらいやですよね。
感覚が鈍っている分スペシャルに足のケアをされますように。

さて、喫煙ですがやめられないとリスクがダブルにもトリプルにもなりえます。
いいお薬がたくさん出ていますのでやめるための努力を怠らない傍ら禁煙のためのお薬をお願いしましょう。

http://www.nosmoke55.jp/nicotine/clinic.html

長くなってしまい情報がたくさんで混乱されているかもしれませんが、要はできることがまだたくさんあるということです。あなたを助けてあげたい一心でたくさん書きましたがどうぞお大事になさってくださいね。



JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    85
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2770
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    308
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    294
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

整形外科 についての関連する質問