JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

腰の神経ブロック注射についての質問です。過日病院で神経ブロック注射を受けました。痛い箇所は腰の左側から左足にかけてな

解決済みの質問:

腰の神経ブロック注射についての質問です。過日病院で神経ブロック注射を受けました。痛い箇所は腰の左側から左足にかけてなのですが注射をされたのは右側でした。一般的に注射は痛い側の反対側に打つものなのでしょうか?ちなみに注射後も腰痛の症状は改善していません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

ブロック注射にもいくつか種類があります。おもに、硬膜外ブロック、選択的神経根ブロック、坐骨神経ブロックです。明細書等で、どのブロック注射が行われたか確認できないでしょうか?

ブロック注射を受けられるのは今回が初めてですか? ふだん理学療法を受けている整形外科でブロック注射も受けたのでしょうか? 注射をしたのは整形外科の主治医ですか?

「一般的に注射は痛い側の反対側に打つものなのでしょうか?」というご質問はブロック注射をした医師にはなさいましたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

明細書等には特に注射の種類は書いていませんでした。注射を受けるのは今回が初めてです。注射を受けたのは整形外科から紹介を受けた大学病院です。注射時主治医はそこにいましたが後ろ向きに寝ていたため実際に注射したのはだれかはわかりません。当質問はまだ主治医にはしていません。


以上、よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

それでは、ブロック注射を受けられる際に、レントゲンを使った透視は行われましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

注射はレントゲン透視しながら行われました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

そういうことですと、相談者様が受けられたのは選択的神経根ブロックであった可能性が高いと思われます。
http://www.naruoseikei.com/hakuzan/29/29.html

硬膜外ブロックならば一般の整形外科でも行えますが、選択的神経根ブロックの方が効果的で、しかし一定以上の設備と技術が必要であるため、大学病院を紹介されたのだと推察します。

この選択的神経根ブロック注射は、「選択的」というくらいで、痛みのもととなる神経の根元を狙い撃ちするブロック注射です。当然、痛みがある側の神経を狙います。
従いまして、左の腰から下肢にかけて痛みがある相談者様に対して、右側の神経にブロック注射を打ったのであれば、これは「左右取り違え」であった可能性が大です。

大学病院を紹介した整形外科医(かかりつけ医?)は、ブロック注射の種類も含めて紹介状に記載し、紹介したはずですから、まずこの医師に今回のブロック注射が左右取り違えだったのではないかどうかを確認され、事実関係次第で然るべき対処を求められるべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。大変参考になりました、と同時に、意を決して受けた注射治療がミスの可能性があるとのことで精神的に落ち込んでいます。ちなみに想定できる注射治療で右左が逆になる可能性があるものはそもそもあるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

私の回答は、あくまでインターネットで得られた間接情報に基づく推論ですので、事実関係の確認は必ず主治医になさって下さい。その際に、私の回答がご参考にしていただければと思います。
確認されるべきは、①選択的神経根ブロックを指定して大学病院を紹介したのか、②レントゲン透視下で行われたので、神経根ブロックを受けたのだと理解しているがそれで間違いないか? ③ネットで知った情報では、神経根ブロックの場合は痛みがある側に注射を受けるとのことだが、実際は右側に打たれた。取り違えだろうか?……といったところでしょう。

医療現場での左右取り違えは、それを防ぐ様々は措置が講じられてはいますが、残念ながら0にはなっていないのが現状です。

整形外科 についての関連する質問