JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左手小指と薬指の先から左肩にかけて痺れが2週間ほど前からあります。 1年前に同じ症状のときは肩こりと診断され自分で

解決済みの質問:

左手小指と薬指の先から左肩にかけて痺れが2週間ほど前からあります。
1年前に同じ症状のときは肩こりと診断され自分でストレッチをして治りましたが、
今回は症状が改善されません。
PC作業が最低1日8時間くらいはあるので、そのせいかとも思うのですが、
改善策があれば教えていただきたいです。
また、肩こり以外の疑いはあるでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

肩こりでは小指と薬指の痺れの説明は付けがたいと思います。

パソコン操作に伴うストレートネックなどで頸椎の間隔が狭くなり、脊髄から伸びる神経の根(頸髄神経)が圧迫されて、肩や腕の痺れや痛みが現れることはございます。
ただ、肩の間隔は第4、第5頸髄神経(C4、C5)、小指と薬指の間隔は第8頸髄神経(C8)によって司られますので、頚椎のトラブルである可能性はございます。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg

少し補足情報を下さい。

前腕や上腕にも痺れはあるのでしょうか。

肩の痺れと、小指・薬指の痺れは同じ性質のものですか?

「1年前に同じ症状のときは肩こりと診断され」たとのことですが、これは整形外科を受診されたのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になります。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

痺れは2本の指先が最も強く方に向かって弱くなっています。


元々肩こりがあるのですが、普段痛みはなく、指先の痺れが出てから、肩の痛みが強く感じられるようになっています。


同じ性質のものか、自分では分かりません。


以前は整形外科を受診し、初め(詳しい名前忘れました。)神経麻痺と診断され痺れを取る薬を1ヶ月ほど飲みましたが、効果がなく腕の痛みが出てきたため再度検査した結果、肩こりと言われました。


20年程前にあばら骨と顔面の骨折事故をしていますが、特に病気で病院に行った事はありません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

第一に、胸郭出口症候群(http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/thoracic_outlet_syndrome.html)、第二に、前述した頚椎症性神経根症(http://www.straight-neck.com/sibire.html)をうたがいます。
小指・薬指の痺れという症状からは、首から指までのどこかで、尺骨神経という神経(か、その本幹の神経)が圧迫されていることは間違いが無いと思います。

MRI検査が可能な、規模が大きな整形外科を受診されることをお勧めいたします。
特に、胸郭出口症候群は、整形外科医ごとの診断能力の差が現れやすい疾患ですので、予め「通院可能な地域名+胸郭出口症候群」で検索をかけるなどして、この診断・治療できる整形外科を特定してから受診される方がよいかもしれません(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問