JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

板橋区の63歳の男性です。遅発性ジストネジアで60歳すぎてから、首の斜頸、肩こり、ろれつが回らない等の症状が出て、何

解決済みの質問:

板橋区の63歳の男性です。遅発性ジストネジアで60歳すぎてから、首の斜頸、肩こり、ろれつが回らない等の症状が出て、何回かマッサージを受けています。最近また近所のマッサージ屋で新型の「インナーマッスルを鍛える」と宣伝していたマッサージを受けたところ、その 晩から激しい肩の痛みと、両手の指先のいたいような痺れが出ています。マッサージ師によると筋力の衰えたものを無理やり運動させたようです、と言われました。PCの入力にも苦労しています。現在近所の外科病院の整形外科でロキソプロフェインナトリウム60mg、サンバゾン50mg、レバミピド100mg,を朝昼晩1錠ずつ飲んでいて、また、モ-ラステープも張ってます。それでも、両肘に疼痛が激しいです。疼痛を抑えるため、たまたま去年の8月から帝京病院で続けて左目・右目の網膜はく離の手術の際、板目止めにもらった、アセトアミノフェン・今回もらったロキソニンを勝手に6時間置きに飲んでしのぎました。頓服がなくなったので整形外科に行くと、この種の薬は良くないと言われ、替わりに両肩にブロック注射をしてもらいました。それでも痛みがとれずだめでした。針灸師にもかかりましたがすぐだめです。何か効果的な手段を教えてください。どうぞ宜しくお願いいたします。

板橋RT生より
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

遅発性ジストニアというからには通常は薬原性に起こりますが、相談者様の場合はどのようなお薬によって遅発性ジストニアが起きたと考えられているのでしょうか? また、そのお薬を服用することとなった原疾患は何ですか?

ご記載を拝読する限り、ジストニアに対して鎮痛治療しか行われていないようですが、抗パーキンソン病薬や筋弛緩薬の投与が試みられたことはないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になります。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生


 


お世話になります。


数種類薬が替わっているので、よく覚えていませんが最近は長いことです 。薬を飲んだ原因は「軽いノイローゼ」でした。ジストネジアがひどくなってもしばらく飲んでいました。最近精神科にも何回か相談しましたが、症状も良くならないので、一時止めて漢方を飲んでます。昨晩あまり痛みが強いので、リスパダール0.5mgを飲んだら少し楽になりました。何年か前、大山の老人医療センターの「物忘れ外来」にも呂律が回らないので調べてもらいましたが原因不明でした。また、パーキンソン病はないだろうとのことでした。また、筋弛緩薬も飲んでいません。以上、ご報告します。


宜しくお願い申し上げます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず用語の整理ですが、「ジスキネジア」と「ジストニア」は異なる運動障害を指します。ご留意ください。
http://www16.plala.or.jp/anmikasan/fluvoxamine/yougo.html
相談者様の場合は典型的な遅発性ジストニアということになります。
http://www.geocities.jp/thirdeyeblind1023/disease_dyt.html

遅発性ジストニアの決定的な治療方法はありませんが、原因薬物を中止できるのであれば中止するのは有効な手立ての一つだと考えられています。リスパダールは抗精神病薬ですから、「軽いノイローゼ」であるならば、この手のお薬を服用される必要は無いでしょう。

ご記載からは、主治医の態度、対応が判じかねるのですが、このジストニアがお薬の副作用であるという説明は受けられていないのでしょうか? 「遅発性ジストネジア」なる診断はどこから出てきたのでしょう?

相談者様は、これからもずっと、抗精神病薬の服用と通院が必要なのでしょうか。現主治医に、ジストニアへの対応(ジストニアに有効であると言われている薬物の処方、原因薬物の中止)を求めることは可能でしょうか。

ジストニアですと、精神科での対応だけでは改善が望めないことが少なくありません。神経内科、麻酔科の受診が必要になる場合もあります。精神科で処方され た薬剤の副作用ですから、当然、他科を受診するにあたっては精神科主治医からの、詳細な紹介状が必要になります。この、紹介状作成は依頼できそうでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生


 


リスパダールの服用は私は不要だと思っております。話は込み入っていて公にはしたくありません。私が25歳んときに発症しました。当時の担当医の方は「仮にストーカー行為が事実としても、病気の原因は司法試験による重圧だと説明され納得しました。最初の先生は時機を見て、やめる方向を考えようと いってくれました。現在は担当医が3人ほど替わられ、「ある先生は、常備薬と思え」といわれました。とても純粋に心配してくれる兄弟たちと仲良くしたいので、引き続き飲んでいます。前の担当医の先生に諸症状をお話したら、「遅発性ジストネジア」という言葉を教えてくれました。歴代先生方も、わたしのストーカー被害は病気ととらえており、家族も同意見です。常識的に見ると120パーセント病気と判断されます。残念ながら、担当医師に薬の中止・紹介状は望めない状態です。いろいろと有難うございました。精神科の先生にお話できて良かったです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

もちろん、プライバシーに踏み込んだ部分まではご記載いただく必要はございません。

そういうご事情ならば、現在の病院・主治医との関係はさておき、ジストニアの治療という点に絞って回答するならば、ボトックス(ボツリヌス毒素)の局所注射による治療を検討されることをお勧めいたします。現時点で、ジストニアに対して、もっとも確実で有効性が高い治療法です。

この治療は痙性斜頸の治療に関して保険適応が認められています(薬剤性ジストニアで起きた痙性斜頸に対しても、保険が使えるようにしてくれる医療機関がほとんどです)。
http://botox.jp/clinicians/botulinus/botulinus_001.html
http://botox.jp/clinicians/cd/cd_001.html

以下のサイトから、痙性斜頸に対してボトックス治療を行っている医療機関が検索できますので、ひとつずつ当たられて、紹介状無しでも治療を行ってもらえる病院を受診されることをお勧めいたします。
http://botox.jp/clinicians/cd/short_interview/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問