JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

頸椎椎間板ヘルニアと診断されました 6番7番の間です。いまは、痛み止め(ロキソニン)3回とリリカカプセル75mg就

解決済みの質問:

頸椎椎間板ヘルニアと診断されました
6番7番の間です。いまは、痛み止め(ロキソニン)3回とリリカカプセル75mg就寝前に飲んでいます。仰向けになると激痛が肩甲骨のあたりから、わき腹、左上腕部にはしります。しびれもあります。
就寝時や起床時がとても辛いです。
レーザー手術を考えたりしています。どうなんでしょうか?
このまま薬を増やしながら、様子を見たほうが、いいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

「このまま薬を増やしながら、様子を見たほうが、いいのでしょうか?」というご質問は、相談者様を実際に診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談では回答が難しいご質問です。

少し補足情報を下さい。

発症されたのはいつ頃ですか?

診断はMRI検査に基づいてなされたのでしょうか? 重症度はどのように評価されましたか?

かかられているのは脊椎専門の整形外科医ですか? どれくらいの規模の整形外科でしょう。

主治医から説明されている治療方針を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

1か月前くらいです。MRIをとって診断していただきました。


先生からは、ヘルニアは薬とやってもけん引とあっためるくらいなのでとりあえず、リリカカプセル75mgから始めようとのこと。


脊椎専門かどうかわかりません。透析と泌尿器科どちらかといううと専門の病院で、そこに週2回整形の先生が来られていて、そのうちのお一人に診ていただいています。


仕事をもっていまして、いろいろ調べてみると、このまま薬が増えるだけで


悪化していくのであれば、レーザー手術も考えたほうが、いいかと思いました

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

頚椎椎間板ヘルニアで飛び出した椎間板は「吸収・消失の過程をとる可能性があることから、しびれや脱力が長期間続き変化があまりない場合は、薬や理学療法などの保存的治療にて経過をみる場合が多くなってきて」おり、「頚椎椎間板ヘルニアの8~9割は、3か月間ほどの保存療法でよくなるといわれ」ています。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/109B0100.html
http://seitailabo.com/chapter1/pain/pain103.html より引用)

相談者様の場合、まだ発症して間もない時期ですから、頚部の安静を保つべくコルセット(カラー)などを使用し、薬物療法で様子をみることも一つの治療選択肢であると言えます。
ちなみにリリカは75mgではあまり効くことはありませんから、ちゃんと使おうとするのであれば量は増えていく(増えるべき)でしょう。私の経験では、ヘルニアなどによる神経圧迫による痛みには1日300mg以上のリリカが必要である場合が大半です。ただしこれはどんどん増えていくわけではなく、ヘルニアが自然消褪すれが減量・中止が可能です。

よって、治療方針を決定するためには、相談者様のヘルニアの重症度の見立てが重要になってまいります。

「ヘルニアは薬とやってもけん引とあっためるくらい」というコメントは、いかにも非専門医が言いそうな台詞です。保存的治療を行うべきか、手術を急ぐべきか、手術を行う場合でもレーザー手術の対象となりうるか、それとも観血的手術が必要になるかの判断は、現時点で、脊椎の専門医に判断を仰がれるべきでしょう。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。


【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問