JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左側の腕が指先までしびれがあります。しびれの度合いは正座をしていて「足がしびれてきたな」と言うぐらいなですが、半年ぐ

解決済みの質問:

左側の腕が指先までしびれがあります。しびれの度合いは正座をしていて「足がしびれてきたな」と言うぐらいなですが、半年ぐらいつづいています。日常生活には支障はないのですが、原因が分からないのが少し不安です。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

 

少し補足情報を下さい。

 

相談者様の身長と体重を教えて下さい。

 

「左側の腕が指先までしびれがあります」とのことですが、しびれの範囲は肩から先でしょうか? それとも首や背中にもしびれや違和感はありますか?

 

例えば脳卒中を疑って脳神経外科を受診され、CTやMRI等の画像検査を受けられてことはあるでしょうか。

 

握力低下や細かい動きが出来ないといった、運動障害は無いと理解してよろしいですか?

 

左腕に冷感はありませんか?

 

持病や常用薬があれば教えて下さい。

※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 4 年 前.

身長167cm、体重73kg。


しびれは肩から先で首や背中にはしびれなし。


CTやMRIはなし。


運動障害もなし。


時々左腕に冷感を感じます。


持病や常用薬はなし。


宜しくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

片側の上肢に痺れが現れた場合、神経性の病態と血管性の病態の鑑別をまずしなければなりません。神経性の場合は、さらに末梢神経障害と中枢神経障害の鑑別が必要になります。

 

まず、相談者様の場合、肩から先の痺れということですから、鎖骨下動脈狭窄症の可能性が考えられます。

http://www.med.kindai.ac.jp/nouge/disease/informed/2/3/3_1.html

しかしながら、相談者様の場合、動脈硬化の原因となるような持病はおありではないようですので、血管性の病態を積極的に考えるべきではないかもしれません。

 

中枢神経性の疾患が原因で左上肢に痺れがあるのであれば、可能性として考えられるのは脳梗塞や、脊髄の病変です。

このうち脳梗塞は、発症後「半年ぐらいつづいてい」ることや、運動障害が目立たないこと、やはり動脈硬化の原因となるような持病はおありではないことから否定的です。

 

頸椎に何らかの病変が生じていて脊髄が圧迫されている可能性はあります。

また、脊髄から上肢へと伸びる末梢神経の根本(神経根)が頸椎で圧迫されている可能性も否定できません。

 

複数の可能性の中から、もっとも相談者様の状態に当てはまりそうなのは、頸椎における脊髄か神経根の圧迫であると思われます。

脊椎・脊髄専門の整形外科医を受診されることをお勧めいたします。

 

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

ただその前に、できればどこかで血圧を左右の腕それぞれで測定してください。左腕の血圧が右腕に比べて50mmHg以上低い場合は、やはり血管性の病態を疑うべきですので、整形外科ではなく、心臓血管外科(循環器外科)を受診されて下さい。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問