JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

階段を踏み外し膝の内側をぶつけてしまいました。突っ張るような痛みで歩行が難しい状態です。 レントゲン検査は異常なし

解決済みの質問:

階段を踏み外し膝の内側をぶつけてしまいました。突っ張るような痛みで歩行が難しい状態です。
レントゲン検査は異常なし。MRI検査でもはっきりせず半月板剥離ではとの診断でした。先日、痛みを
和らげるためステロイド注射をしていただきましたがあまり効果が続かず、今回もヒアルロン注射で様子を見ることになりましたが、一か月近く続いた痛みよりこの方法で改善されるのでしょうか?
お答えを 頂けましたら幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

半月板は剥離してしまうと縫合しない限りは自然に癒着することはありません。
「半月板剥離」という診断が正しいという前提でお答えするならば、「突っ張るような痛みで歩行が難しい状態」とは、剥がれた半月板の一部が関節に挟まっているために起きている可能性が高く(ロッキングと言います)、このままでは改善が得られない可能性が高いでしょう。

少し補足情報を下さい。

「一か月近く続いた痛み」とありますが、1ヶ月前に受傷されたのでしょうか。

怪我をした方の膝関節は、(痛みを我慢すれば)元通りの角度まで曲げ伸ばしできますか?

主治医から内視鏡手術の話は出ていないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


受傷したのは3月下旬です。痛みは2、3日でなくなったので忘れていたところ4月中旬に膝の痛みとむくみがあったので、近所の接骨院に4~5日通院したら痛みがなくなったため通院を中止。その後5月に入ってからの今回の痛みとなります。膝の曲げ伸ばしは多少の痛みはありますが可能です。ヒアルロンサンの注射治療を数回行って様子を見たうえで手術を行うとのことです。押して痛みのあるところはお皿の内側脇下近辺です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

現在相談者様が受けられている治療は、変形性膝関節症を念頭においたものであるように思われます。
http://www.tmg.gr.jp/hokensinpou/040201-hizakansetusyo.html

「様子を見たうえで手術を行う」とのことですが、この場合の手術とはどのような手術のことか、主治医に説明は受けられていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


手術内容は半月板の剥離部分若しくは軟骨損傷部分を内視鏡にて取り除くとのことでした。半月板を痛めた何人かの知人の症状を聞いたところは腫れがひどく膝が曲がりにくいとの事。私の症状と異なりますが、やはり半月板に問題があるのでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

情報リクエストを行い、新たな情報をいただくたびに、私も半月板損傷という診断には違和感を覚えています。
腫れ方や可動範囲はぶつけ方や損傷の被り方によりますので患者様ごとの個人差がありますが、「MRI検査でもはっきりせず」、しかも受傷後3ヶ月も痛みがひかず、治療も手探りで行っている印象ですから、このまま現在の病院で手術前受けられるのはあまりお勧めできません。

他院でセカンドオピニオンを取られた方がいいと思いますし、転院も検討されるべきではないでしょうか。
相談者様の膝の痛みはスポーツ外傷ではありませんが、スポーツ医の資格をもつ整形外科医はこの手の関節損傷の診療経験が豊富ですから、スポーツ医を受診されることをお勧めいたします。
以下のサイトから、日本整形外科学会認定のスポーツ医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

日本整形外科学会認定スポーツ医名簿
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から膝の専門医に当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問