JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

躁うつ病と糖尿病で治療を受けています。右足の裏側、腰からふくらはぎにかけて痛くなってきました。脊柱間狭窄症の疑いでM

解決済みの質問:

躁うつ病と糖尿病で治療を受けています。右足の裏側、腰からふくらはぎにかけて痛くなってきました。脊柱間狭窄症の疑いでMRIを撮る予定になっていますが必ず手術する必要があるでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。これまでコーラのご質問に回答してきた猫山です。私は神経内科医としても活動しておりますので、本件についても助言をして差し上がられるかと存じます。

相談者様が呈されている「右足の裏側、腰からふくらはぎにかけて」の痛みは坐骨神経痛であると考えて矛盾しません。坐骨神経痛は診断名ではなく症状名で、その最も多い原因は腰椎のヘルニアや脊柱管狭窄症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群です。

脊柱管狭窄症が疑われているのであればMRI検査を行うことは妥当です。
脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊柱管狭窄症もまた単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症と複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
いずれの疾患も加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。

リリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法やブロック注射といった対症療法が行われますが、次第に進行し、最終的には手術が必要になります。

少し補足情報を下さい。

脊柱管狭窄症によると思われる症状が現れるようになってきたのは何年くらい前からですか?

これまでどのような治療を受けてこられたでしょうか。

現整形外科主治医から、MRI検査の結果次第で手術の必要性があると判断されるかもしれない、という趣旨の説明があったのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

3カ月ほど前からです。整形一日で点滴 整骨院二日 医師からはまだ何も言われていない。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

臨床症状が現れたのが3ヶ月前なのであれば、MRI検査の結果いかんではありますが、即時の手術が選択される可能性は低いと考えます。
前述した保存療法(非手術治療)がまず試みられるでしょう。

しかし長期的には手術が必要になる可能性を念頭に置かれておくべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問