JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

47才の女性です。3年ほど前から右足の痺れがあり当時整形外科を受診、軽い脊柱管狭窄症と判断され、仙骨ブロック・神経根

解決済みの質問:

47才の女性です。3年ほど前から右足の痺れがあり当時整形外科を受診、軽い脊柱管狭窄症と判断され、仙骨ブロック・神経根ブロック2度しましたが症状は何も変わらず、ほかの整形外科を受診するも 診断は同じでやはり神経根ブロツクを注射。やはり何も変化なし 
医師からは「手術するほどでもなく、痺れで歩行困難になる事はないから様子をみてください」と言われ現在に至っています。 
痺れはどんどんひどくなる一方でストッキング・細めのズボンをはくと痺れを超えて痛みがひどくなります。夜も痺れで睡眠があまりとれません。
歩いたり、運動している時は大丈夫で、すわったり、安静時の時が一番ひどいです。 
痺れの箇所は右足の人差し指と中指、甲の内側、ふくらはぎ 最近は右足全体に近いです。
母を肺塞栓でなくし、兄は最近心筋梗塞を起こしました。何か血流と関係があるのではと心配でたまりません。
何かアドバイスをよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないまま これらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

脊柱管狭窄症と類似の症状(間欠性跛行)を呈する疾患として、閉塞性動脈硬化症があります。
http://www.fancy-popo.com/raku2/sekityukankyosaku.html

軽度の脊柱管狭窄症にASOを合併している可能性は確かに否定できませんので、いちど心臓血管外科を受診されて検査を受けられることをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問