JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

9歳の娘の足首捻挫についての相談です。 11月中旬ごろ学校の階段を数段踏み外し右足首を捻挫しました。外側のくるぶし

解決済みの質問:

9歳の娘の足首捻挫についての相談です。
11月中旬ごろ学校の階段を数段踏み外し右足首を捻挫しました。外側のくるぶし付近に腫れと足が着けないほどの痛み、内出血、足首甲の上部付近にも痛みがあり、最寄りの整形外科を受診しました。レントゲンで骨には異常はなく、セルタッチハップを処方され、U字型のギブスと松葉づえで約1週間様子をみました。足を着いて歩けるようになったので、足首サポーター(数か所ベルトで固定するもの)に変更し、ロキソニンテープ・イドメシンコーワクリームなどで経過を観察し、捻挫から1カ月経ち2回目のレントゲンでも骨には異常がなく、12月下旬に足関節固定バンドに変更になりました。1月上旬にはくるぶし付近の腫れや痛み、内出血も落ち着いてきたので、家と学校内など固定バンドを外す機会を作って過ごすように指示されました。1月下旬までの週週間は薬など もなしで固定バンドのみで経過をみる通院が続きました。しかし、甲の上部の痛みが残っていてもレントゲンでは問題ないので時間が経過すれば回復すると言われ、2月上旬に違う整形外科を受診することにしました。

やはりレントゲンでは骨には異常がないので、リハビリ(半導体レーザー・スーパーライザーを7分間)とAKA博田法を理学療法士の方から20分間、週2回通院して受けることになりました。
通院して3カ月になりますが、甲の上部に体重をかけるとまだ変わらない痛みがあり、AKAを受けている際に巡回されている先生に痛みが続いていることは伝えましたが、初回の診察以降はリハビリとAKAのみで週2回通院しています。
最近のAKAで、右足の親指を足裏につけるように曲げて足首に体重をかけても甲の上部に痛みを感じないということが分かりました。

娘は怪我をした際の恐怖心や痛みが続いている不安などから痛みに敏感なところもあるように感じます。
固定バンドをしていないと足首がぐらつくような感じがあるようで、固定バンドを外して過ごすことがなかなかできずにいました。
普段の生活では、学校への登下校と長時間の外出などは固定バンドを使用し、それ以外の家や学校内では固定バンドを外すことから始め、現在は固定バンドを使用しないで過ごすよう意識をし、少しずつ自信がついてきたようです。
しかし学校の体育(跳び箱・縄跳び・リレーなど)や習い事で通っている水泳など、現在でも激しい運動はお休みをしています。

あと週週間で捻挫をしてから半年が経過する今、痛みがなく普段通りの生活ができるようになるには、今後どのような対処方法が良いのかご意見をお伺いいたしたく質問をさせていただきました。この痛みが後遺症にならないためにもできる限りのことはしたいと思いますので宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

さて、甲の上部の痛みが最後まで残っていたようですが、


最近のAKAで、右足の親指を足裏につけるように曲げて足首に体重をかけても甲の上部に痛みを感じないということが分かりました。


と書かれていますね。
ということは痛みは現在ないということでしょうか。

学校の体育や習い事のお休みについては主治医はなんとおっしゃっていますか?
主治医は足外科の専門医でしょうか。
小児専門の整形外科医でしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.


お返事ありがとうございます。


 


右足の親指を足裏につけるように曲げて足首に体重をかけても甲の上部に痛みを感じないということが分かりましたが、痛みを感じないのは指を曲げている時のみだけです。


 


体育や水泳については、痛みを感じないような場合はできる範囲でやってみても良いといった感じで、本人に任せるという少し曖昧な印象がありました。


 


現在通院している整形外科の先生の経歴には、整形外科専門医や小児整形外科医といった記入はないようで、下記の様な経歴だそうです。


 


・日本整形外科学会認定医
・日本整形外科学会認定スポーツ医
・日本リウマチ学会認定リウマチ医
・日本リウマチ学会登録医
・日本骨折治療学会会員
・日本整形外科学会認定リウマチ医
・日本リウマチ学会会員
・日本AKA医学会専門医・指導医


 


このあと外出の予定があるため、次回の返答が遅れてしまいますが


宜しくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
そういう意味だったんですね。
そうしますと痛みはまだ実際にあるわけです。
ただし、親指を下側に曲げている状態では母指球と呼ばれる部分に体重をかけないときということになります。

graphic
そうであれば、お勧めしたいのはその母指球に体重があまりかからないような装具か、特別な靴を作ってもらうことです。
そうすることで歩行時の痛みが軽くなり、自信が取り戻せます。
水泳はいいと思いますがいかがでしょう。
体重は泳いでいる間にはかかりません。
少しでも体を動かせばこれも自信につながりますよね。

それでその特別な装具や靴ですが、足外科専門医に検討してもらうことをお勧めします。
理学療法はこれからも続けてください。

http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html
質問者: 返答済み 4 年 前.


お返事ありがとうございます。


 


先ほどの先生の経歴で訂正があります。


今日はリハビリの日だったので病院に行ってきたのですが、院内に整形外科専門医と書かれてありました。失礼しました。


 


甲の上部の痛みについてですが、前傾の姿勢で体重をかけると痛みがあります。


両足で真っすぐ立ち痛みのある右足だけで体重をかけても痛みはなく、アキレス腱を伸ばすような場合やでんぐり返しなどしゃがんだ状態で前かがみの体勢でも痛みがあります。


軽いジャンプなどの着地はあまり痛みは感じないようです。


歩行時にも痛みはありません。


素足や靴を履いている時も同様に、前傾の姿勢で体重をかけるような動作をした時のみの痛みで、その動作をやめると痛みはありません。


また、足首を指先の方向に伸ばす(倒す)動作では、左右で差があり、左足と比べると右足のほうが固くなっているのか指先方向にあまり伸ばせません。


 


痛みを感じるかどうか色々な動作を試してみないと分かりませんが、臆病にならず動きを自分から制限しないで動かすように取り組むのが自分でできるリハビリかと思ってます。


 


期間が長いので、レントゲン以外の検査などの必要性はあるのでしょうか?


現在通院している先生からはこのままの内容でしばらくリハビリとAKAを続けて経過をみるといった感じです。


 


 


整形外科の先生にこのような質問は失礼かと思いますが、接骨院や整骨院、整体など色々あるようなので、整形外科と併用して通院することは治療の妨げや体に負担がかかるなどあるのでしょうか?


 


現在通院している病院では柔道整復師によるマッサージもあるようですが、先生の指示がないと受けられないので、このような症状では必要がないのかもしれません。


 


特別な装具や靴というのは、特別な中敷きのようなものも含まれるのでしょうか?


足外科専門医という言葉を初めて耳にしたので良く分かりませんが、捻挫をする前から時々両足の先ほどの回答にあった赤い部分あたりを痛いと言って、マッサージをしたりシップのような物を貼ったりしていました。


 


更なる質問でお手数をおかけしますが宜しくお願いいたします。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
前かがみで痛むということですからやはり母指球の辺りに体重がかかった状態で痛みが出ていますね。
あなたも実際にその前かがみの姿勢を試されてください。
どこに一番体重がかかるかご自分で体験されてみてくださいね。

中敷もそうですし、足外科専門医では足にあった特別な装具や靴も作ってくれます。
レントゲンで不足ならMRIが次のステップです。
足は解剖学的にも機能的にもとても複雑なので専門医が存在します。
私なら足外科専門医にまず相談しますね。
それが一番確かです。
docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問