JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脳梗塞を発症し、左手が麻痺している状態です。麻痺の影響で肩を亜脱臼しています。器具を用いて固定しています。治療として

解決済みの質問:

脳梗塞を発症し、左手が麻痺している状態です。麻痺の影響で肩を亜脱臼しています。器具を用いて固定しています。治療としては麻痺が改善するまで器具で固定するしかないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

脳梗塞で片麻痺などのある患者さんではよく肩関節の亜脱臼がしばしば認められます。
これは、肩関節がもともと周囲の筋肉で支えられているから脱臼せずにいられる不安定な関節であるのに、その筋肉の支えが無くなってしまうからです。

重力により、下方に亜脱臼してしまうのですが、整復しても筋力の支えが無いために同様の状態を繰り返すことがしばしばです。

残念ながら特別な治療法はなく、三角巾や装具で支えてあげるしか方法はありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


現在、肩周辺の筋肉を鍛える作業療法を行っています。麻痺が改善し、筋力が戻れば亜脱臼しなくなるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
筋力が十分に戻れば脱臼しなくなります。
質問者: 返答済み 4 年 前.


一般的に、どれぐらいの期間で脱臼しなくなるのでしょうか?個々により違いがあり判断できないでしょうか?あと、どれぐらいの割合の患者さんが改善されていますでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
個々により違いがあり判断できません。

どれくらいの程度の脳梗塞を、いつ発症されましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


2013年1月8日です。脳塞栓症で右脳の外側4割ぐらい壊死しています。左足には麻痺は全くありません。左手指も少し動かせ、感覚もあります。


 


肩の亜脱臼の診察は一般的にリハビリテーション医がするのでしょうか?それとも整形外科医でしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

肩の亜脱臼の診察・診断は整形外科医が、リハビリテーションは、整形外科医の指示で理学療法士が行います(病院ごとに体制がちがうかもしれませんが)。

受傷後3ヶ月近く経っていて亜脱臼防止の装具が外せないのであれば、正直に申し上げて、回復は望み薄だと考えます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


元々左肩には脱臼癖があります。脱臼する、しないの判断は整形外科医が行うのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
装具を外せるか外せないかの判断ということですか?

リハビリテーションを行っている理学療法士と相談してリハビリテーションの指示を出している医師が決めます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


理学療法では足、作業療士が手のリハビリテーションを行うと認識していましたが違っていますよね?


 


これまでは、上のようにリハビリテーションを行っていましたが、理学療法で、これから手を動かすリハビリテーションを最近始めました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
手先の巧緻運動のリハビリテーションは作業療法士が行いますが、筋力回復のためのリハビリテーションは理学療法士が行います。

肩の理学療法が最近始まったのであれば、若干時期を逸した感が否めません。

当初のご質問には過不足なく回答したと考えます。
もうご質問はありませんね?

どうかお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問