JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

息子は現在15歳です、小学1年生(7歳)の時、右ひじを骨折し、上腕骨過剰骨折と診断されました。内反肘の状態で経過観察

質問者の質問

息子は現在15歳です、小学1年生(7歳)の時、右ひじを骨折し、上腕骨過剰骨折と診断されました。内反肘の状態で経過観察中です。日常生活には支障はなく痺れもないです。
ただし、本人は、変形を気にしていて手術を望んでいます。
一方、地元の個人医は、手術は必ずしも必要ではない、と言っています。

手術をするのが良いのか悩んでいます。どうすれば良いかご回答宜しくおねがいします。
また、横浜に良い病院があれば教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

内反肘は、とても起こりやすい合併症ですね。
日常生活には支障が出ていますか。
痛みやしびれはなくてよかったです。
何かスポーツをされているのでしょうか。

もともと骨折時には、骨がず れていて手術をされたのか、ギブスだけで治療されたのかどちらでしょうか。

ご本人はどの程度気にされているのでしょう。
落ち込むくらいですか。
手術となりますと、もし今スポーツをされているならそれもしばらくはできませんし、手術はどんなものでも合併症もあるわけで、その辺りはいかがなんでしょうね。
これから勤務のためにお返事は遅くなりますが、ご了承くださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご連絡ありがとうございます。


日常生活に支障は出ておりません。


スポーツはしておりません。


手術はしておりません(5ミリ以内のずれだったので手術は選択しませんでした)。


本人は事実をしっかり受け止め、落ち込んでいるような状況ではありませんが、当然、見た目を気にしており、真直ぐにしたいと考えております。


ほぼ成長もとまりつつあるとのことで、手術の是非を検討する時期にきております。今春から高一ですので、本年の夏にするのか、3年後くらいにするのか、等タイミングの問題もあります。


手術の効果・リスクを過去の蓄積された事例をベースに認識し、手術の是非、タイミングを決定したいです。


もし東京・神奈川にお勧めの病院があれば、教えてください。今度、地元医の紹介で関東労災病院には相談にいく予定です。


よろしくお願いいたします。


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
おっしゃっているのは、上腕骨顆上骨折の後遺症なわけですが、この骨折は若い子供にしか起こらないのが特徴なので、そういう性質をよく知っている小児の専門の整形外科医に見てもらうのが一番いいのではないかと思いますよ。

http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/section/seikei.html

ここが遠いかもしれませんがいいと思います。
参考にされてくださいね。

整形外科 についての関連する質問