JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

76歳の父のことでご相談があります。 若いころから腰痛に悩まされてきた父ですが、この度第5部分の腰椎分離症とい

解決済みの質問:

76歳の父のことでご相談があります。

若いころから腰痛に悩まされてきた父ですが、この度第5部分の腰椎分離症という
診断をうけました。手術はできないとの診断です。

私としては、なんとか手術をして少しでも痛みが緩和されないものかと思うのですが
是非、アドバイスをお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

なぜ手術はできないと言われましたか?

受診されたのは脊椎専門の整形外科医でしょうか。

鎮痛剤などの飲み薬は試されていないのでしょうか。

症状は腰痛だけですか? 下肢のしびれや痛みは無いのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返答、ありがとうございます。


 


手術はたとえしても治らないと言われたようです。それ以上の詳細はわかりません。脊椎整形外科の専門医の方です。


鎮痛剤は服用してますが、あまり効き目はないようです。


下肢のしびれや痛みはないです。


 


腰に打つブロック注射や電気療法など一時的に効き目はあるようですが、


近い将来このままだと寝たきりになってしまうと本人は懸念しています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

脊椎専門の整形外科医に手術をしても治らないといわれたのであれば、神経症状(下肢のしびれや痛み)は無いとのことですから、保存的治療(非手術療法)で経過を観察することが、脊椎分離すべり症の治療として、間違った治療方針だとはいえないと思われます。
逆に、神経症状が現れてくれば手術も検討される可能性は大ですので、下肢の神経の麻痺によって寝たきりに可能性は低いと考えます。

現在は、たとえば、麻酔科医が除痛を行うペインクリニックを紹介してもらうなどして痛みに対処しながら、整形外科で定期的にフォローアップを受けられるべきでしょう。

治療方針そのものにご不安・ご不満がおありなら、他の専門医を受診されてセカンドオピニオンを浮けられるのもひとつの選択肢だと考えます。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問