JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

座っている姿勢から急に立ち上がったとき、膝ごつんと音がしてその後痛みが 取れません。痛みは膝の下部に集中しており上

解決済みの質問:

座っている姿勢から急に立ち上がったとき、膝ごつんと音がしてその後痛みが
取れません。痛みは膝の下部に集中しており上部に痛みはありません。
平坦を歩く時はさほど痛みはありませんが、階段を下りる時は痛みを感じます。
靱帯損傷でしょうか?この場合どのような処置が有効でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

靭帯損傷ですと、腫脹が強くなりますし、その後の歩行が不安定になりますから、相談者様の場合はあまり典型的ではないと考えます。

強度の高い運動をされたわけでもありませんから、受傷機転からも靭帯損傷の可能性はは高くないと思われます。

むしろ半月板損傷を考えますが、もともと変形性膝関節症はお持ちではなかったでしょうか?
病院にかかっていなくても、膝関節、特に内側が痛むようなことはありませんでしたか?

現在、膝の曲げ伸ばしの角度に制限はないでしょうか。

何かスポーツはされていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


3年前まで少年サッカーのコーチをしており、子供にふわりとしたボールを


何回も出すと膝に負担を感じ、その後、膝を曲げると違和感を感じておりました。一度医者いったら、座骨神経痛をいわれました。

質問者: 返答済み 4 年 前.


3年前まで少年サッカーのコーチをしており、子供にふわりとしたボールを


何回も出すと膝に負担を感じ、その後、膝を曲げると違和感を感じておりました。一度医者いったら、座骨神経痛をいわれました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

そういうことですと、やはり半月板損傷を第一に考えられた方がよろしいかと存じます。少なくとも今回のエピソードに関しては坐骨神経痛はお考えにならなくてよいでしょう。
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/meniscal_tear.html

MRI検査が必要ですので、そうした設備がある整形外科を受診されることをお勧めいたします。膝のことですから、スポーツ医を受診されるのがいいかもしれません。
以下のサイトから、日本整形外科学会認定のスポーツ医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

日本整形外科学会認定スポーツ医名簿
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

受診までに行うべき対処としては安静とアイシングに尽きます。
とはいえ、膝関節を全く動かさないことは難しいですからまずアイシングでしょう。湿布の類はあまり有効ではありません。成分が患部にまで届かないからです。
できればアイスノンのような保冷材ではなく氷嚢を用いて、痛みのある部位を、(低温やけどを起こさない程度に)感覚が無くなるまで冷やすことを1日に2~4回行うとよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問