JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

頸椎症と診断され ブロック注射をしてもらったのですが、 翌日に左手の痺れ、2日後に左足に痺れが出て、 心配です。

解決済みの質問:

頸椎症と診断され ブロック注射をしてもらったのですが、
翌日に左手の痺れ、2日後に左足に痺れが出て、
心配です。
大丈夫でしょうか・・・
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

頚椎症はいつから患われていますか? 何番目の頚椎の頸椎症でしょう?

もともとはどのような症状があったのですか?

ブロック注射を受けられるのはこれが初めてでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

診断されたのは3日前で、1カ月前ぐらいから 首肩の凝り、背中、腕の痛み


がひどくなり なかなかよくならないので 病院に行きました。


 


レントゲンで ストレートネック、加齢、長時間のうつむく仕事が原因で


頸椎の間が狭くなっていると・・


 


何番目かは はっきりと覚えてないのですが、4か5あたりかと。


注射は初めてで 両肩に打ちました。


パソコンが不慣れなため、遅くて申し訳あいません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

頚椎症で肩にブロック注射を行うというのは、あまりピンとこないのですが……
肩甲上神経ブロックだったのでしょうか?
http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/okiraku/2010/10/post-39dc.html
質問者: 返答済み 4 年 前.

診療明細書には 肩甲上神経ブロックとなっています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

肩甲上神経ブロックは頸椎症にも用いられることはありますが、四十肩、五十肩の症状緩和にしばしば用いられる神経ブロックです。主に肩周辺の除痛が適応です。

効果は数時間しか持続しませんので1日、2日経ってから合併症が現れることはあまり考えられません。例えば、仮にブロック注射時に注射針で神経を傷つけていれば、すぐに腕のしびれが出ていたはずです。

今回の「左手の痺れ、2日後に左足に痺れ」は、むしろ、頸椎症そのものの症状である可能性が高いと考えます。
受診された病院を再診され、相談なさることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問