JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

背中の痛みと手のしびれに始まり。背中の痛みはブロック注射で改善されたが手のしびれが残った。原因で考えられるのは。(M

解決済みの質問:

背中の痛みと手のしびれに始まり。背中の痛みはブロック注射で改善されたが手のしびれが残った。原因で考えられるのは。(MRIの結果はは腰椎については何も問題がないとのこと)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

脊椎による脊髄、神経根の圧迫によっては、圧迫部位から下の症状しか起こりませんから、腰椎に問題があったとしても背中や手にしびれは起こりません。

少し補足情報を下さい。

MRIは何科を受診されて検査されたのでしょう?

なぜ頸椎ではなく腰椎のMRIが施行されることになったのでしょうか?

どのような診断のもとに神経ブロック注射が行われたのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

背中の痛みでペインクリニックへ行って(13.1.4)ブロック注射(2回実施)MRIはそこの指示で脳神経クリニックで実施、頸椎4から7の狭窄症とのこと。その後も背中の鈍痛が残り再度脊椎のMRIをとったがこちらは異常なし。しかし左手中、薬指、小指のしびれ、上腕のしびれが残っている状況(今日現在)

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

そいういうことならば「頸椎4から7の狭窄症」が背中の痛みと手のしびれの原因であると考えて矛盾しないと考えます。
頚部脊柱管狭窄症ということになりますが、この部位の脊髄・神経根の圧迫によって背中の痛みも手のしびれも起こりえます。

【頸髄神経と神経根症状】
http://www.myojin-kan.jp/ill/sibire_sc.html (頸椎症性神経根症の項参照)
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg
http://www.naoru.com/keibutuikanban.htm

神経ブロック注射は万能ではありませんから、全ての症状に有効であるというわけではありません。相談者様の場合は背中の痛みにだけブロック注射が効いたということでしょう。

脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問