JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

平成24年3月末に交通事故で、二箇所の病院でCT検査しか実施してもらっていなく、 特に問題なく、打撲のみとの診断に

質問者の質問

平成24年3月末に交通事故で、二箇所の病院でCT検査しか実施してもらっていなく、
特に問題なく、打撲のみとの診断により、痛みが継続しているにもかかわらず、
半年以上経過したこともあり、1 1月5日をもって症状の改善が認められないために、
症状固定をされました。

その後、痛みがあまりにもひどいため、MRIをお願いした結果、「第5胸椎の圧迫骨折」及び、
「頚椎5~6と6~7の変位」が認められると、12月26日に診断されました。

その後の処置として、痛み止めのみの処方を受けていますが、具体的な処置方法が分かりません。
また、痛みのため眠れなくなり、不眠症、耳鳴り、吐き気、幻覚等になり、心療内科に通院しうつ状態と診断され、7種類もの薬を出され、飲んだ結果、ふらつきやぼーっと感がきつく、本来の生活が出来ません。

他の病院の精神科では、異常ないと診断され、特に心療内科は必要ないと思っているのですが、
今後の整形外科の治療と心療内科の診察を含め、どういった治療が適切なのか、教えていただければと思っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

ご記載のなかに無いと思うのですが、どこが痛いのでしょう?
質問者: 返答済み 4 年 前.

特に背中全体、わき腹、首です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「どういった治療が適切なのか、教えていただければと思っています」とのことですが、現在すでに整形外科に通われ、投薬も受けておられます。
この整形外科では、痛みの原因や治療方針についてどのように説明を受けられているのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


治療方針は、カルシウムを食物より摂取することと、痛み止めのみの処方で、後は何も言われていません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

おはようございます。

受傷時期から考えると、相談者様の第5胸椎の圧迫骨折は、既に骨癒合している可能性が高いと考えます。
そこで、相談者様が慢性疼痛(外傷後神経因性疼痛)を呈していることが、一つの可能性として考えられます。
慢性疼痛とは、手術、外傷、骨折などがきっかけとなり、末梢神経が傷つくことが原因で、元の傷が治癒した後 も疼痛が続くと病態のことで、近年では、末梢神経だけではなく、痛みの信号を中継する脊髄や、その信号を受け取る脳のある部位も神経因性疼痛の原因の一端 を担うことが知られてきています。
http://senjukaihomepage.web.fc2.com/pain1-5.html

敢えて単純化して申し上げれば、急性期に強い疼痛が続いたことによって神経系に混線が起きてしまったような状態です。外傷の程度や場所とは関係が無く、滅多に起きないが、起きるときには起きる、といった印象の病態です。

治療としては、通常の鎮痛剤は効きません。
神経の信号の伝達を統制するようなお薬の服用や、程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。
神経の混線は神経因性疼痛が続けば続くほどもつれていく傾向がありますので、出来るだけ初期に適切な治療を受けておくことが重要です。
神経因性疼痛の治療はペインクリニックにて行われます。

一方で、「頚椎5~6と6~7の変位(偏位)」は、頚部痛や背部痛を説明しうる病態です。脊髄からこの部位の頸椎通って伸びす神経の枝が首や背中の感覚を司っているからです。
脊椎は整形外科の中でも専門性が高い領域ですから、脊椎専門医の診察を受けられるべきでしょう。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

まずは脊椎脊髄専門医を受診されて現在の状態を評価してもらい、必要ならばペインクリニックを紹介していたいただくのがよろしいかと存じます。

 

精神症状は痛みから生じた二次的なものであると思われますので、現時点で積極的に精神科を受診する必要はないのではないかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

MRIの画像では、まだ完全に骨癒合はしていないようで、食事療法のみ言われております。

痛みに関しては、心療内科の先生より「神経ブロック注射」の話は聞いており、一回で3~4日の効き目で、2、3ヶ月継続することになるが、完治は不明であると聞きました。

まだ40代前半であり、ハードな仕事のため、現状の治療では通常生活が見込めないので、安全で簡易(外科的手術を含む)な治療方法が有るのなら教えてください。

心療内科の受診は、必要ないとは思うのですが、整形外科、耳鼻科では、不眠、耳鳴りの薬がもらえないので、もうしばらく受診の予定です。

でも、この薬を飲むと、仕事には行けないので、いずれはやめる方向で考えています。

ただ、痛みがあると、眠れず、耳鳴りもひどくなるので、やはり、痛みの根本の完治を望みます。

 

紹介いただきました病院での治療は、現在労働災害にて治療のため病院を変わると、治療費がでないので、受診は自費になる可能性大なので、少し考えてしまいます。

また、整形外科医師リストの中に主治医が明記されているため、困惑しています。

 

整形外科 についての関連する質問